熊本市教育委員会がタブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を採用

全国トップレベル2万3500台のiPadで運用

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)の提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が、熊本市教育委員会(熊本県熊本市)に導入されました。


熊本市は、2018年から市内の小中学校全134校に対して、2万3500台のiPadを導入し、全国トップレベルのICT環境を整備しました。熊本市は、iPad導入とともに授業支援ツールにMetaMoJi ClassRoomを採用しました。つながる・協働・共有というICTの良さを活かせるツールとして、MetaMoJi ClassRoomが評価され、授業で活用されています。


※熊本市教育委員会における「MetaMoJi ClassRoom」導入事例は以下サイトをご覧ください。
https://product.metamoji.com/education/case/case33.html

■MetaMoJi ClassRoomについて
「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリです。小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援します。

※製品詳細ページはこちらをご覧ください。
https://product.metamoji.com/education/classroom.html

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiでは、先進的なIT技術をベースに、法人向け、個人向けアプリケーションを開発・提供しています。教育向けには、小学生から大学生まで次世代を担う子どもたちが、幅広い学習形態で、主体的・対話的に深い学びを実践し、ご利用いただけるシステムの研究、開発を行っています。
http://www.metamoji.com/

■本件に関するお問い合わせ
・製品についてのお問い合わせ:
担当 植松・福原
電子メール: info_ep@metamoji.com
電話番号: 03-5114-2912
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MetaMoJi >
  3. 熊本市教育委員会がタブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を採用