【新商品】鳥取砂丘の砂でよみがえった、リサ・ラーソンの傑作「とっとりのらくだ」。

スウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソンの70年代の傑作「KAMEL」が鳥取砂丘の砂で現代に蘇った。ラクダが砂で作られるという、「Made in 鳥取」の夢のプロダクツ。
 

 

(株)トンカチ(東京都渋谷区、代表:勝木悠香理)は2022年9月22日(木)にスウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソンの「とっとりのらくだ」を発表した。
「とっとりのらくだ」はリサ・ラーソンの70年代のヴィンテージ作品である「KAMEL」を原型に、砂を固める技術を開発した鳥取の企業、モルタルマジック(株)とのコラボレーションによって、鳥取砂丘の砂を使用して制作された。
現在、オンラインショップ「トンカチストア」(https://shop.tonkachi.co.jp)と代官山の直営店「TONKACHI,6」(https://tonkachi.co.jp/shop/)にてご予約受付中。
 
  • 砂で出来た夢のらくだ。
「あの頃、砂で作ったお城を永遠に残したいって思いましたよね?今回、突然ですが、それ!実現しました!きっと、200万年以上前の祖先さんはもちろん、クレオパトラや、信長だって、砂で何かのカタチを造っては、それを永遠に固めたいと思っていたはず!」(特設サイトより)

その夢は、鳥取のべンチャー企業とリサ・ラーソンの創造力により実現したのです。
「とっとりのらくだ」は、(株)トンカチが企画・販売し、モルタルマジック(株)が製造している。日本とスウェーデンのコラボレーションは、リサ・ラーソンのサスティナブル時代を飾るプロダクツとなった。

 
  • 特設サイト「とっとりのらくだ ~砂で出来たリサ・ラーソン~」
https://shop.tonkachi.co.jp/blogs/special/ll_camel_from_tottori

特設サイトでは、モルタルマジック(株)の代表・池原氏へのインタビューも掲載されている。

「とっとりのらくだは、鳥取県が誇るベンチャー企業、モルタルマジックさんの砂を固める技術がなければ絶対にできなかったプロダクトです。こんな面白い技術で、こんな面白い商品を作ってくれる会社ってどんななの~?という好奇心からこのインタビューははじまりました。」(特設サイトより)

「とっとりのらくだ」 ~砂で出来たリサ・ラーソン~ 発売記念インタビュー「作った人に聞く!」
https://shop.tonkachi.co.jp/blogs/reading-matter/morutarumagic_interview

 

 

  • モルタルマジックとは
モルタルマジック(株)は、鳥取県鳥取市の粉体加工製品を製造しているベンチャー企業である。モルタル加工の研究から、砂を固める技術を開発し、「鳥取砂丘モアイ」をはじめとする数多くのプロダクツを手がけている。
原動力は「愛」であると語り、熊本県桜島の火山灰を利用したフィギュアや沖縄で環境問題とされている軽石を利用したプロジェクトにも取り組んでいる。
 
  • 商品概要
商品名:とっとりのらくだ
サイズ:W20×H18.5×D8cm (原作と同じサイズ)
素材:鳥取砂丘の砂
※鳥取砂丘と呼ばれるエリアの国立公園外の場所から採取された砂を使用しています。
重量:1.5 kg
生産国:日本
価格:¥49,500(税込)
販売元:(株)トンカチ
製造:モルタルマジック(株)

 

 

  • トンカチストア

https://shop.tonkachi.co.jp/

リサ・ラーソン(陶芸家)
1931年、スウェーデンのスモーランド地方・ハルルンダ生まれ。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)
に見出され、スウェーデン最大の陶芸製作会社Gustavsberg(グスタフスベリ)社で活躍。
1980年に独立。以後、現在に至るまで精力的に創作活動を続けている。日本で一番有名な北欧の猫キャラクター「マイキー」の生みの親としても知られる。2022年、スウェーデンの芸術と工芸を刷新し、豊かにした長年の優れた仕事に対して政府から勲章を授与された。

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トンカチ >
  3. 【新商品】鳥取砂丘の砂でよみがえった、リサ・ラーソンの傑作「とっとりのらくだ」。