NVIDIAが産業用デジタルツイン向けのデータセンター規模のOmniverseコンピューティング システムを発表

ロボティクス、AI、産業オートメーションなどの非常に複雑なアプリケーションをシミュレートするために構築されたNVIDIA OVX


カリフォルニア州サンタクララ—GTC— 2022年3月22日—NVIDIAは本日、大規模なデジタルツインを実現するために設計されたコンピューティング システムであるNVIDIA® OVX™ を発表しました。

NVIDIA OVXは、リアルタイムの物理的に正確な世界のシミュレーションおよび3Dデザイン コラボレーション プラットフォームであるNVIDIA Omniverse™内で実行される複雑なデジタルツイン シミュレーションを操作するために設計されています。

OVXシステムは、高性能なGPUで高速化されたコンピューティング、グラフィックス、AIを、高速ストレージアクセス、低遅延ネットワーキング、および高精度のタイミングと組み合わせて、実際の精度でデジタルツインを作成するために必要なパフォーマンスを提供します。 OVXは、建物全体、工場、都市、さらには世界をモデル化するための複雑なデジタルツインをシミュレートするために使用されます。

NVIDIAのプロフェッショナル ビジュアライゼーション担当バイスプレジデントのボブ ペティ(Bob Pette)は次のように述べています。「物理的に正確なデジタルツインは、未来のデザインおよび構築の手法です。デジタルツインは、すべての業界や企業での計画のやり方を変えるでしょう。 OVXのシステム ポートフォリオは、業界を超えた真のリアルタイム、常にシンクロした産業規模のデジタルツインを実現することができます。」

OVXを使用すると、デザイナー、エンジニア、および計画担当者は、物理的に正確な建物のデジタルツインを構築したり、物理世界と仮想世界で正確な時間の同期を行いながら、大規模で現実に近いシミュレーション環境を構築することができます。企業は、同じ時空間で相互作用する複数の自律システムを使用し、複雑なシステムとプロセスを評価およびテストしたり、より効率的な工場や倉庫を最適化、拡張、または作成したり、ロボットや自動運転車を実世界に配備する前にトレーニングしたりすることが可能となります。

デジタルツインの開発
セクターイニシアチブ 「Digitale Schiene Deutschland」(ドイツ向けデジタル鉄道)内で、DB Netzeは、ドイツの全国鉄道網のデジタルツインをOmniverseに構築し、列車の自動運転に向けたシステムのトレーニングや鉄道運行の不測の事態に対するAIによる予測分析ができるようにすることを目的としています。

DBNetzeの鉄道デジタル化責任者であるアニカ フンデルトマルク(Annika Hundertmark)は次のように述べています。「フォトリアリスティックなデジタルツインを使用してAI対応の列車をトレーニングしたりテストすることで、インシデントを最適に検出して対応するためのより正確な知覚システムを開発することができます。我々の現在のプロジェクトにおいて、NVIDIA OVXは、集中的な機械学習開発のためのデータを生成し、これらの非常に複雑なシミュレーションとシナリオを運用するために必要なスケール、パフォーマンス、およびコンピューティング機能を提供します」

コンピューティングシステムの仕様
OVXサーバーは、8基のNVIDIA A40 GPU、3基のNVIDIA ConnectX®-6Dx 200Gbps NIC、1TBのシステムメモリ、および16TBのNVMeストレージで構成されています。 OVXコンピューティング システムは、8台のOVXサーバーの単一ポッドから、NVIDIA Spectrum-3スイッチ ファブリックまたは複数のOVX SuperPODに接続された32台のOVXサーバーで構成されるOVX SuperPODに拡張して、大規模なデジタルツイン シミュレーションを加速します。

入手方法
OVXソリューションは、NVIDIA-Certified System™であり、必要なパフォーマンス、管理性、セキュリティ、およびスケーラビリティを提供するためにテストおよび検証を実施しています。 NVIDIA OVXソリューションとOmniverseソフトウェアの包括的なエンタープライズ グレードのサポートは、NVIDIAとOEMのシステム ビルダーが共同で提供します。

NVIDIA OVXは、今年後半にInspur、Lenovo (https://bit.ly/3KQDdBK )、Supermicro (https://www.supermicro.com/en/pressreleases/supermicro-enables-deployment-nvidia-omniverse-enterprise-scale-industrys-largest ) を通じて利用できるようになります。

NVIDIA Omniverseの詳細については、ジェンスン フアンのGTC 2022基調講演のリプレイをご覧ください。 GTC 2022に無料で登録し (https://www.nvidia.com/ja-jp/gtc/?ncid=ref-pr-242463 )、NVIDIAおよび業界のリーダーによるセッションに参加してください。

NVIDIA について
1999 年における NVIDIA (https://www.nvidia.com/ja-jp/ ) (NASDAQ表示: NVDA) による GPU の発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックス、ハイパフォーマンス コンピューティング、そして人工知能 (AI) を再定義しました。NVIDIA のアクセラレーテッド コンピューティングと AI における先駆的な取り組みは、輸送、ヘルスケア、製造業などの数兆ドル規模の産業を再構築し、その他のさまざまな産業の拡大も加速させています。
詳細は、こちらのリンクから: https://nvidianews.nvidia.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. NVIDIAが産業用デジタルツイン向けのデータセンター規模のOmniverseコンピューティング システムを発表