お取り寄せ人気No.1アイテムを発表!「婦人画報のお取り寄せアワード2021」

スイーツやグルメなどカテゴリー別に選出

株式会社ハースト婦人画報社(本社:東京都港区、代表取締役社長:二コラ・フロケ)が、カタログギフト大手のリンベル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林秀典)と共同運営する通信販売事業「婦人画報のお取り寄せ(URL:www.fujingaho-shop.jp)」は、今年で4回目となる「婦人画報のお取り寄せアワード」の選出商品を発表しました。
大賞には、洋菓子店リビエールの可愛らしい缶の中にぎっしり詰まった焼菓子、「ラングドシャ」と「MANON」が選ばれました。

「婦人画報のお取り寄せアワード」は運営開始7 周年を記念して、2018年に創設。「婦人画報のお取り寄せ」スタッフが、この1年のお客様からの反響や、スタッフ独自の判断、話題性などを鑑みて総合的に選定しています。第4回目となる今年は、大賞に加えて、手土産&ギフト賞、ロングセラー賞、スイーツ部門賞、和菓子部門賞、クッキー部門賞、グルメ部門賞、初登場ブランド賞、において、商品が選出されました。結果は以下の通りです。

■婦人画報のお取り寄せアワード2021 大賞
人気度や口コミなどを総合的に判断し、すべてにおいて優れた結果となった商品に贈られる賞
洋菓子店リビエール  「ラングドシャ」「MANON」
 



兵庫県・尼崎市にある洋菓子店リビエールは、可愛らしい猫の缶で一大旋風を巻き起こしました。天然のバニラを使ったバニラシュガーがふわりと甘く香る「ラングドシャ」は、初代シェフと、現2代目の思いが込められたお菓子だといいます。「MANON」は、軽いクッキー生地で濃厚なクリームをサンドした満足感の高い味わいです。
どちらも発売後すぐに完売してしまい、入荷待ちリクエストも多い人気度トップクラスの商品です。

■婦人画報のお取り寄せアワード2021 手土産&ギフト賞

手土産やギフトに好適な商品の中で、人気度、口コミなどを総合的に判断し優れた結果となった商品に贈られる賞
廣尾瓢月堂  六瓢息災(むびょうそくさい)


六揃いの「六瓢箪(むびょうたん)」は、語呂合わせから「無病息災」の縁起物とされてきました。これにちなんだのが廣尾 瓢月堂のひと口菓子「六瓢息災」。さくさくのビスキュイで木の実や蜜漬けのしょうがを挟んだエンガディナーです。
思いやりや気遣いを伝えるギフトとして昨年来特に人気を集め、今年の手土産&ギフト賞に選ばれました。

■婦人画報のお取り寄せアワード2021 ロングセラー賞
発売以来、長期間にわたって高い人気を保ち続けている商品に贈られる賞
CAFÉ TANAKA(カフェタナカ) 「レガル・ド・チヒロ」シリーズクッキー缶


愛知県名古屋市で50年以上続く人気店CAFÉ TANAKA(カフェタナカ)。そのシェフパティシエール田中千尋さんが手掛ける「レガル・ド・チヒロ」シリーズのクッキーは、2012年の初登場以来、毎回即完売となる、もっとも入手困難な商品のひとつです。
素材にこだわり丁寧に作られた美味しさもさることながら、パッケージの美しさも長きにわたり愛されています。

婦人画報のお取り寄せアワード2021 スイーツ部門賞
スイーツカテゴリーの中で人気度、口コミなどを総合的に判断し優れた結果となった商品に贈られる賞
パティスリーGin no Mori  プティボワ150缶(森のめぐみクッキー)


岐阜県のパティスリーGin no Moriによるフランス語で“小さい森”という意味の「プティボワ」には、森の恵みをふんだんに使って作られた焼菓子がぎっしりと詰められています。国産のどんぐり粉を使った「グラン」や山椒が入ったほんのりスパイシーで大人好みの「サンショ」など、多種多様な味と食感が楽しめて、大変喜ばれているアイテムです。

■婦人画報のお取り寄せアワード2021 和菓子部門賞
和菓子カテゴリーの中で人気度、口コミなどを総合的に判断し優れた結果となった商品に贈られる賞
東あられ本舗  アラレカフェ


東京・両国で100年以上続く東あられ本舗の「アラレカフェ」は、1本に3種のあられが入ったスティックになっています。定番の和風味からペペロンチーニ味など洋風なものまで、バラエティ豊かな味が勢ぞろい。どれも個性が光りながらも薄味で美味しく、食べやすいモダンな形状は手土産としても重宝されています。
老若男女問わず楽しめる和菓子として、高い人気の一品です。

■婦人画報のお取り寄せアワード2021 クッキー部門賞
スイーツカテゴリーの中でも特に人気の「クッキー」の中で、人気度、口コミなどを総合的に判断し優れた結果となった商品に贈られる賞
マリベル  ワンダートレジャー(マリベル特製缶入りクッキー)



「婦人画報のお取り寄せ」で最も人気のカテゴリーであるクッキーの中でも、より個性的で反響の大きいアイテムを、今回クッキー賞として選出しました。NYの人気ショコラティエ マリベルによるクッキー缶「ワンダートレジャー」は、高級感のあるクラシカルな銀色の缶に、宝石のようなクッキーの数々がぎっしりと詰められています。
鉄板の贈り物として、多くの方に支持されています。

■婦人画報のお取り寄せアワード2021グルメ部門賞
グルメカテゴリーの中で人気度、口コミなどを総合的に判断し優れた結果となった商品に贈られる賞
滋賀・近江今津 西友 うなぎ炭火焼蒲焼


滋賀県にあるうなぎの名店 西友(にしとも)。秘伝のたれを使い、炭火でじっくりと、香ばしくふっくら焼き上げた関西風の鰻蒲焼が昨年来特にヒットしました。温めるだけで本格的な味が簡単に楽しめるので、お中元、お歳暮といった季節のギフトはもちろん、自宅でちょっと贅沢なご馳走を食べたいという機会にもぴったりの商品であり、大変好評をいただきました。

■婦人画報のお取り寄せアワード2021 初登場ブランド賞
「婦人画報のお取り寄せ」で2020年初登場のブランドで、特に人気が高く話題となったブランドに贈られる賞
Z’s MENU(ジーズメニュー)


2020年にデビューした、安心・安全にこだわり丁寧に作られた究極の冷凍食品ブランド「Z’s MENU(ジーズメニュー)」。自宅で手軽に本格的なレストランの味が楽しめると話題になりました。
「婦人画報のお取り寄せ」でも和洋中約60商品を展開しており、リピートするお客様も多く、またたく間に人気ブランドとなりました。


今後も「婦人画報のお取り寄せ」は、伝統と格式ある「婦人画報」のネットワークを生かして全国の名品を発掘し、雑誌、ウェブサイトを通じてご紹介していきます。
婦人画報のお取り寄せ  www.fujingaho-shop.jp

<「婦人画報のお取り寄せ」について>
1905 年(明治 38 年)に國木田独歩を初代編集長として創刊された、今年116周年を迎える日本で最も歴史のある女性ライフスタイル誌である『婦人画報』。その編集者たちが厳選した、食品、ギフト、雑貨などを販売する通信販売事業が「婦人画報のお取り寄せ」です。カタログギフト販売の大手であるリンベル株式会社との共同事業として2011年に開始。今年4月に10周年を迎える。
URL: www.fujingaho-shop.jp  ツイッター: https://twitter.com/fg_gourmet
フェイスブック: https://www.facebook.com/fujingahoshop/
インスタグラム: https://www.instagram.com/fujingahoshop/ LINE:@fujingahoshop

 <ハースト婦人画報社について>
株式会社ハースト婦人画報社は、テレビ、新聞、雑誌、情報サービスなどを展開する、米国で最大級のメディアグループ、ハーストの一員です。1905年に創刊した『婦人画報』をはじめ、『ELLE』、『25ans』、『Harper’s BAZAAR』、『メンズクラブ』などを中心に、ファッション、カルチャー、デザイン、フード、ウエディングなどに関する雑誌の発行と多数のデジタルメディアの運営を手掛けています。近年はメディアの領域にとどまらず、「エル・ショップ」などのEコマースの運営、クライアント企業のマーケティング活動をトータルにサポートする「HEARST made (ハーストメイド)」 のサービス提供、データに基づきクライアントブランドのマーケティングを支援する専門組織「ハースト データ スタジオ」を立ち上げるなど、コンテンツ制作における知見にデジタルの知見とデータを融合した企業活動を展開しています。
URL:https:www.hearst.co.jp 
ツイッター:@Hfujingaho | リンクトイン:https://www.linkedin.com/company/hearst-fujingaho/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハースト婦人画報社 >
  3. お取り寄せ人気No.1アイテムを発表!「婦人画報のお取り寄せアワード2021」