『サピエンス全史』著者、ハラリ最新作『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ) 21世紀の人類のための21の思考』初版15万部、11月20日発売!

発売前から話題沸騰、異例の初版部数を決定 日本著作累計140万部、世界著作累計2000万部突破!

 株式会社河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締役社長 小野寺優)は、世界的ベストセラー『サピエンス全史』著者、ユヴァル・ノア・ハラリの最新作『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ) 21世紀の人類のための21の思考』(以下『21 Lessons』)を、初版15万部で11月20日に発売いたしますので、お知らせいたします。

 

『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ) 21世紀の人類のための21の思考』『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ) 21世紀の人類のための21の思考』


書名 :『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ)21 世紀の人類のための21 の思考』
著者 :ユヴァル・ノア・ハラリ/柴田裕之[訳]
体裁 :単行本 46 判/ 472 ページ
定価 :本体2,400 円(税別)
ISBN :978-4-309-22788-7
発売日 : 2019 年11 月20 日


 『21 Lessons』は、『サピエンス全史』(2016年)で人類の「過去」を、『ホモ・デウス』(2018年)で人類の「未来」を描き、世界中で社会現象となったハラリが、ついに「人類の『現在』」に焦点を当て、「いま、何が起きているのか?」「そして、あなたはどう生きるか?」と、読者である私たちに、問いかけてきます。また、タイトルに「21」とあるとおり、私たちが直面している21の重要課題について、様々な知見を駆使しながら、壮大で斬新な思考を提示します。


【『21 Lessons』で取り上げる21 の課題】
幻滅/雇用/自由/平等/コミュニティ/文明/ナショナリズム/宗教/移民/テロ/戦争/
謙虚さ/神/世俗主義/無知/正義/ポスト・トゥルース/ SF /教育/意味/瞑想



 本書の推薦者には、ビル・ゲイツ氏、山極壽一氏(京都大学総長)、本村凌二氏(東京大学名誉教授)、山本貴光氏(文筆家・ゲーム作家)といった、各界の著名人が名を連ねています。

「物語によって作られてきた人間の生きる意味を繊細に問い直し、
AI にハックされつつある人間の処方箋を大胆に描く。」 山極壽一(京都大学総長)


 『21 Lessons』および、ハラリに対する注目度がこれまで以上に高まるなか、全国の書店でのご予約数や期
待値を鑑み、人文・教養書としては異例の初版15万部で発売することを決定いたしました。
 新たなる知の巨人、ユヴァル・ノア・ハラリ最新作にご注目くださいますようお願いいたします。

 


ユヴァル・ノア・ハラリ Yuval Noah Harari
歴史学者、哲学者。1976年、イスラエル、ハイファ生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2018年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。著書『サピエンス全史』『ホモ・デウス』そして『21 Lessons』は、世界的なベストセラーとなっている。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 河出書房新社 >
  3. 『サピエンス全史』著者、ハラリ最新作『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ) 21世紀の人類のための21の思考』初版15万部、11月20日発売!