「渋谷ストリーム」2018年9月13日(木)開業決定!

“渋谷流=シブヤ・カスタム”がコンセプト、全30店舗決定 渋谷川に面し多様なイベントが開催可能な2つの広場空間が誕生

 当社は、旧東横線渋谷駅のホームおよび線路跡地を利用した「旧渋谷駅南街区プロジェクト」にて開発中の大規模複合施設「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」(以下、本施設)の開業日を2018年9月13日(木)に決定しました。また、商業ゾーンに出店する全30店舗が決定しました。
 


 本施設の1階から3階部分の商業ゾーンのコンセプトは、「渋谷流=シブヤ・カスタム」が集まる商業空間です。既存のルールにとらわれず、自分基準でカスタマイズやアレンジをする大人がターゲットです。日本初上陸が1店舗、新業態が13店舗、都内・渋谷エリア(※)初出店が7店舗となります。

 渋谷川沿いで広場と融合し、ゆったりと時を過ごすことができる1階のテーマは、川沿いのひろがりを感じさせる「Riverside Market」。大阪より都内初出店となるメキシカン料理「墨国回転鶏料理(ボッコクカイテントリリョウリ)」や、昨今のハンバーガーブームを牽引する人気店「THE GREAT BURGER STAND」など、5店舗で構成します。

 渋谷のストリートのように路面感覚の店舗が軒を連ねる2階のテーマは、「Shibuya Custom Street」。フランスパン 専門店の「メゾンカイザー」を手掛ける木村周一郎氏の新業態「MEAT TAVERN 煮込みや四兵衛」「BaKING SHU」や、ライブ感あふれるフルオープンキッチンで正統派フレンチをタパスサイズで楽しむ、“つまむ”フレンチ「bar à vin croisée(バール ア ヴァン クロワゼ)」など、15店舗で構成します。

 和食やスパニッシュなどの専門店とオープンな雰囲気のお店で構成される3階のテーマは、「Shibuya Court」。株式会社トランジットジェネラルオフィスがプロデュースするバルセロナ一のパエリアを提供するシーフードレストラン「XIRINGUITO Escriba(チリンギート エスクリバ)」が日本初上陸するなど、9店舗で構成します。

 官民連携により再生される渋谷川に面したグランドフロアには、2つの広場が誕生します。渋谷ストリームの大階段と稲荷橋に面する広場は、渋谷駅南側エリアの玄関口として渋谷川を見渡せる場所となり、各種イベントや発表会、プロモーションなどを実施する予定です。また、金王橋に面する広場は、マルシェやビアガーデン、地元のお祭りなどを開催予定で、潤いある水辺の空間を提供します。

 なお、4階ならびに9階~13階に開業する「渋谷ストリームエクセルホテル東急」は、6月1日(金)からご宿泊の受付を開始します。「渋谷から世界へ 感性を刺激するホテル~THE SHIBUYA SENSIBILITY~」をコンセプトに、外国の方々を中心とした感度の高いお客さまから選んでいただけるホテルを目指します。

 本施設は、次代の流れをつくりだす街を目指して、新しいコト・モノを世界に発信する場を創造していきます。
詳細は別紙の通りです。

※渋谷エリア:東急グループが掲げる広域渋谷圏のエリアを指します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. 「渋谷ストリーム」2018年9月13日(木)開業決定!