【子どもの夏休みの宿題に関する調査結果】子どもの夏休みの宿題を手伝うのは当たり前!?パパは「子どもとの時間」のために、一方ママは「取り組み方のコツがわからなそうだから」と現実的

最も手伝っている「自由研究」のアイデアをご紹介!

 待ちに待った夏休み。旅行、海、プール、花火大会など、夏休みは子どもたちにとって、楽しみな行事が詰まった約1か月です。もちろん楽しい行事にかまけて「夏休みの宿題」もお忘れなく。普段学校ではできない体験を通しての学びや、自発的に勉強に取り組む姿勢を身に付ける等、「子どもたちが一段と成長する」機会として、長期間のお休みならではの宿題に前向きに取り組めるといいですね。

 お客様の当たり前の日常を、今よりもっと充実したライフスタイルにしていくブランド「ショップジャパン」は、全国の0~15歳の子どもをもつ父母を対象に、「子どもの夏休みの宿題」に関するアンケート調査を実施しました。アンケート調査からは、「夏休みの宿題」に苦労している子どもを見て、ついつい手伝ってしまう親の姿が見えてきました。親のお悩みや状況を把握し、親子で今から実践できるショップジャパン商品を使った「夏休みの宿題」にぴったりのアイデアをご紹介します!

 

                   《調査結果のサマリー》
■子どもの年齢が9歳以上の親で、子どもの宿題を手伝っている方は6割以上!

■子どもの「夏休みの宿題」を手伝う理由は、ママとパパで二分!ママは「取り組み方のコツが分からなそうだから」と現実的である一方、パパは「子どもとのコミュニケーションの ため」と子どもとの関係性が理由。

■最も手伝っているのは「自由研究」と「工作」!
特に子どもの年齢が13歳以上の親の約7割が「自由研究」を手伝っている。


■自由研究を手伝う親が掛ける時間は3日間まで!それでも手伝いすぎと思っている親は約半数。

 

≪調査概要≫
調査名:「子どもの夏休みの宿題」に関する調査
調査主体:株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)
調査対象:全国の20~50代 0~15歳の子どもをもつ男女800名
調査期間:2017年6月
調査方法:インターネット調査

 

■子どもの年齢が9歳以上の親で、子どもの宿題を手伝っている方は6割以上!
 0~15歳の子どもを持つ親全体の回答は40.1%だが、子どもの年齢別に見ると、子どもの年齢が9~12歳の親は、64.4%、13~15歳の親は60%と、9歳以上からは逆転していることが分かりました。

■子どもの「夏休みの宿題」を手伝う理由は、ママとパパで二分!ママは「取り組み方のコツが分からなそうだから」と現実的である一方、パパは「子どもとのコミュニケーションのため」と子どもとの関係性が理由。
 「夏休みの宿題」を手伝う理由は何かという問いに対し、「取り組み方のコツがわからなそうだから」と答えたママは52.1%に対し、「子どもとのコミュニケーションのため」と答えたパパは53.3%と、明確に違いが出ています。

■最も手伝っているのは「自由研究」と「工作」!
特に子どもの年齢が13歳以上の親の約7割が「自由研究」を手伝っている。
 子どもの「夏休みの宿題」で手伝ったことがある、または、手伝いたいものは何かの問いに対して62.6%の方が「自由研究」と答え、次いで42.1%の方が「工作」であることがわかりました。また、年齢別に比較すると、子どもの年齢が13歳以上の方の76%が、「自由研究」と答えています。

■自由研究を手伝う親が掛ける時間は3日間まで!それでも手伝いすぎと思っている親は約半数。
 自由研究の手伝いをした際にどのくらいの時間をかけたかの問いに対し、「1日」と答えた方が28.4%、「3日」と答えた方が40.3%と、約7割の方が3日間までに収めていることが分かりました。また、子どもの「夏休みの宿題」を手伝い過ぎだと思った事があるかの問いに対し、手伝いすぎと感じている方が52.9%いることが分かりました。

【ショップジャパンとしての見解~夏休みの宿題、パパ・ママが求めていること~】
■子どもの「夏休みの宿題」は、子どもの年齢が9歳になるころから親の手伝いが必要になる。
■最も懸念されている宿題は「自由研究」。
■子供の宿題に対してあまり手伝う時間はかけていないものの、「手伝いすぎ」だと感じている。
■時間はかからず、簡単に取り組めるけれど、見栄えのよい「自由研究」のアイデアが求められている。
■しかも親子一緒に取り組めることができ、楽しい思い出にもなる「自由研究」にしたい。
→パパ・ママが満足できる「自由研究」のアイデアをショップジャパンが紹介します!

 

ヌエッタを使って親子でお揃いのステテコをつくってみよう!】

完成図:

 

 

 

 

 

 

 

お揃いの生地や色違いの生地など、好きな柄で夏らしいステテコを作ってみましょう!

 

 

材料:

大人用 ・布110㎝巾×160㎝   子ども用 ・布90㎝巾×120㎝
    ・ゴム2㎝巾×50㎝                        ・ゴム2㎝巾×100㎝

 

製図・裁断図:
※単位はすべて㎝

作り方:

ヌエッタとは:

【商品特長】
ヌエッタは、販売台数20万台※を突破した「ソーイングミニ」を、お客様の声を元により使いやすく改良したミシンです。
※2016年1月までの累計販売台数
① 簡単操作のシンプル設計:糸掛けも、本体に印字されている表記とガイドに従って掛けるだけで簡単に行なえます。
② 軽量・省スペース:重量は約2.3㎏と軽量で持ち運びが便利なうえに、省スペースで収納場所にも困りません。
③ 4枚送り歯でパワフル&繊細:さまざまなタイプの生地を簡単に縫うことができます。
④ コードレスでコンパクト:コードレス設計なので持ち運びに便利で、家中どこでも気軽に使えます。

 

【商品概要】
材 質:樹脂、内部フレーム:アルミダイカスト製
サ イ ズ:約幅292mm×高さ250mm(最大260mm)×奥行125mm
重 さ:約2.3Kg(本体のみ)
URL:http://www.shopjapan.co.jp/products/nuetta.html

■カ ラ ー:シャンパンゴールド・パールレッド・ターコイズブルー
セット内容:本体×1(白糸セット済)、取扱説明書×1、糸掛けガイド×1、
アクセサリーセット×1、2段階フットペダル×1、ACアダプター×1、
単三アルカリ乾電池4本
電 源:単三アルカリ乾電池4本(LR6)またはDC6V 1.2A
価 格:17,900円(税抜)

■カ ラ ー:ホワイト
セット内容:本体×1(白糸セット済)、取扱説明書×1、糸掛けガイド×1、
アクセサリーセット×1、ノーマルフットペダル×1、単三アルカリ乾電池4本
電 源:単三アルカリ乾電池4本(LR6)またはDC6V 1.2A
(専用ACアダプター別売)
価 格:14,990円(税抜)

 

リノベーターマルチツールキットを使って親子でお絵かきボードをつくってみよう!】

完成図:

材料:

・お好みのベニヤ板(厚さ9mmのものがおすすめです)
・ペイントローラー
・黒板用塗料(水性のものがおすすめです)

 

作り方:

① 適当なサイズにカットしたべニア板の表面をリノベーターを使って断面や表面の研磨をします。
※リノベーターでべニア板のカットをすることも可能です。

 

② ペイントローラーで黒板用塗料をペイント。二度塗りすると仕上がりがきれいになります。

③ チョークで好きな絵や文字を描いて完成です!自由研究としてだけでなくお部屋のインテリアにもなります。

 

リノベーターマルチツールキットとは:

【商品特長】

切断、研磨、解体、剥離を1台でこなすマルチツールキットです。スピードも
6段階に調節できて安全、安心な上、アタッチメントを変えるだけで狭い場所の様々な作業を簡単にこなす万能工具です。
丸のこに代表される回転式やジグソーのような前後式とは違い、リノベーターは1分間に最大2万1000回の高速振動をするため、様々な素材にアタッチメントを当てるだけで、切ることも磨くことも剥がすことも可能にしました。回転式や前後式の工具で起きやすい巻き込みや跳ね返りも少なくとても安全。鉄のような硬いものの切断から繊細な作業まで、簡単で安全に楽しめます。

 

【商品概要】
セット内容:本体×1、専用ケース×1、六角レンチ×1、取扱説明書×1、アタッチメントツールキット×1、集塵パイプ×1、 ジョイント×1
材 質:ナイロン、金属
サ イ ズ:長さ約280mm×幅約70mm×高さ約100mm
重 さ:約1.4Kg
電源:AC100V 50/60Hz 定格消費電力190W
価格:16,800円(税抜)
URL:http://www.shopjapan.co.jp/products/nuetta.html

 

セラフィット プレミアを使って親子でジャンボ餃子をつくってみよう!】

完成図:

 

 

 

 

 

外側の皮はパリっとしてこんがりキツネ色。
こんなに分厚くても、遠赤外線効果で芯までちゃんと火が通ります!

 

 

材料:

・強力粉 200g        ・白菜の菜 6枚 ・しょうが(すりおろし)小さじ2  ・塩こしょう 少々
・薄力粉 200g        ・キャベツの葉 4枚 ・しょうゆ 大さじ2
・熱湯 200ml         ・椎茸 4個   ・お酒 大さじ2
・豚肉ミンチ 500g  ・ニラ 1束 ・片栗粉 大さじ2

・ボール
・めん棒
・フードプロセッサー

 

作り方:

①強力粉200gと薄力粉200gをボールに入れ、熱湯を少しずつ加えながら混ぜていきます。熱湯は一気に入れると生地が柔らかくなり過ぎるので、生地の様子を見ながら、できる限り少ない量ずつ入れるのがポイントです。

 

 

②生地が耳たぶぐらいの柔らかさになったら、 生地をラップにくるんでチャック付きポリ袋に入れ、30分寝かせます。そしてこの間に、具材をフードプロセッサーで細かくカットします。

③フードプロセッサーで具材を刻み終わったら、ボールに入れて混ぜます。30分経ったころに、ポリ袋から皮を取り出します。

④生地に打ち粉したら、横幅40cm、縦幅30cm、厚さ3mmくらいの楕円形になるようにめん棒で伸ばしていきます。生地が伸びたら、ボールの中の具材を全部乗せ、包みます。

⑤フライパンを弱火で30秒ほど温めた後、弱めの中火に設定します。そしてセラフィット プレミアの中に餃子を投入し焼き始めます。

⑥100ccのお湯(材料表記外)を入れてフタをし、蒸し焼きをしていきます。 分厚いので、じっくり焼いて中まで火を通していきます。ときどきフタを開けながら焼き具合をこまめにチェックしましょう。

⑦30分経過するころには、こんがり焼き色がついてきます。そうしたら、完成です。 セラフィット プレミアにお皿を当てて引っくり返します。

 

セラフィット プレミアとは:

【商品特長】
シリーズ国内販売400万枚を突破※1した驚くほどスベ~ル!セラミックフライパン「セラフィット」が、焦げ付きにくさ5倍※2 長持ちに進化した商品です。
※1: 2014年5月~2016年5月のシリーズ累計販売枚数 
※2:当社従来品比、第三者調べ、試験方法:目玉焼きを繰り返し焼き焦げ付くまでの枚数を比較(水を含ませたスポンジで力を入れてこすっても取れない状態を焦げ付いたと判断した)、あくまで実験結果であり、使用条件により結果は異なります

 

① 硬度と撥水性を備えたダイヤモンドセラミックコーティングに変更したことで、従来の「セラフィット」に比べて、焦げ付きにくさが5倍※2長持ちになりました。食材が焦げ付きにくく、驚くほどスベ~ル!から、拭くだけで汚れがきれいになり、片付けがラクチンです。
② 取っ手が着脱式になったことで、重ねて収納できるのはもちろん、オーブン調理もでき、使いやすさが進化しました。
③ 優れた熱伝導性のあるアルミニウム合金を使用することで、食材全体をムラなくが焼くことができます。
④ フライパンなどの焦げ付き防止に使用されるPFOA(パーフルオロオクタン酸)や、フッ素コーティングに使用されるPFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)を使用していないので、有害物質が出る心配がありません。※3
※3:PFOSおよびPFOA試験を実施し、セラフィットではPFOSおよびPFOAが検出されないことを確認(第3者試験機関調べ)

 

【商品概要】
セット内容:28㎝フライパン×1、24㎝フライパン×1、20㎝フライパン×1、24・28㎝共通取っ手×1、20㎝取っ手×1、28㎝ガラス蓋×1、24㎝ガラス蓋×1、保管用マット×2、取扱説明書×1
本体サイズ:28㎝フライパン 直径約280mm×高さ約53mm
24㎝フライパン 直径約240mm×高さ約48mm
20㎝フライパン 直径約200mm×高さ約43mm
重量:フライパン(取っ手含む)28㎝:約1.0㎏、24㎝:約0.8㎏、20㎝:約0.6㎏
価格:14,800円(税抜)

 

URL:http://www.shopjapan.co.jp/products/cerafit/premia.html

 

今年の夏休みの宿題・自由研究のアイデアとして是非ご活用ください!
ショップジャパンは、これからも世界中から選りすぐりのアイデアを発掘し、日本らしさを加えてお届けすることで、お客様の日常により多くの幸せな時間をご提供し、お客様の気持ちに寄り添うブランドであり続けます。

 

 

この件に関するお問合せ先
株式会社オークローンマーケティング 広報担当
東京都港区虎ノ門1丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー21階
TEL:(03)6746-0324  FAX:(03)3501-5324
EMAIL:pr@shopjapan.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. ショップジャパン >
  3. 【子どもの夏休みの宿題に関する調査結果】子どもの夏休みの宿題を手伝うのは当たり前!?パパは「子どもとの時間」のために、一方ママは「取り組み方のコツがわからなそうだから」と現実的