「MetaMoJi ClassRoom」にモリサワのUDデジタル教科書体を搭載

iPad版、Windows版、Chromebook版全てのラインアップに搭載して、2020年7月から提供開始

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」に、株式会社モリサワ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:森澤 彰彦、以下モリサワ)のUDデジタル教科書体を搭載することを発表します。同書体は、「MetaMoJi ClassRoom」 iPad版、Windows 版、Chromebook版の全てのラインアップに搭載され、2020年7月より提供開始予定です。

文部科学省が主導する「GIGAスクール構想」でも語られているとおり、学校において急速にPC/タブレットの普及が進んでいます。その普及に向けて大きな課題になっているのがフォントです。 PCやタブレット端末上に表示されるフォントは、学習指導要領に準拠するだけでなく、読みやすさ、教えやすさに配慮することが求められています。

モリサワのUDデジタル教科書体は、学習指導要領にある「代表的な字形」に準拠したフォントです。手の動きを重視したデザインでありながらも、一般的な教科書より線の強弱を抑え、より多くの人が読みやすくなるように工夫されています。

長年にわたり日本語の入力・編集環境の強化に取り組んでいるMetaMoJiでは、今回のモリサワUDデジタル教科書体フォントの搭載により、公教育に必要不可欠な学習環境をiPad、Windows、Chromebook 全ての主要モバイル端末用に提供します。加えてMetaMoJi ClassRoomでは、異なるOS上の文書でも各行の文字数やページ毎のレイアウトが同期されるため、先生がWindows、 生徒がChromebookやiPadといった混在環境でも全く同じ文書を見ることが可能になります。

MetaMoJiでは、これからもICT教育の発展に貢献してまいります。

■MetaMoJi ClassRoomについて
- iPad、Chromebook、Windowsに対応し、混在環境でも利用できる授業支援ソフトです。
- リアルタイムな画面共有・転送により、先生が机間巡視を行うことなく、児童生徒の学習状況が把握できます。
- 紙に書いているようなノートテイキングができるため、従来の学習と違和感なくICT教育で活用できます。
- 搭載しているかな漢字変換機能は、手書き入力からも利用でき、学年別辞書にも対応しているので学習に効果的です。

※製品詳細ページはこちらをご覧ください。
http://product.metamoji.com/education/classroom.html

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiでは、先進的なIT技術をベースに、法人向け、個人向けアプリケーションを開発・提供しています。教育向けには、小学生から大学生まで次世代を担う子どもたちが、幅広い学習形態で、主体的・対話的に深い学びを実践し、ご利用いただけるシステムの研究、開発を行っています。
http://www.metamoji.com/

■本件に関するお問い合わせ
・製品についてのお問い合わせ:
担当 植松・福原
電子メール: info_ep@metamoji.com
電話番号: 03-5114-2912

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MetaMoJi >
  3. 「MetaMoJi ClassRoom」にモリサワのUDデジタル教科書体を搭載