すべてのバレエ愛好家に捧ぐ世界初の美しい図鑑『バレエ大図鑑』が発売!

 

すべてのバレエ愛好家に捧ぐーー
画期的な切り口でバレエのすべてを網羅した世界初の図鑑『バレエ大図鑑』(河出書房新社刊)が発売!
500点以上の迫力あるヴィジュアルを掲載、一冊でバレエの全体像を見せてくれる美しい図鑑。

【本書の特徴】

●バレエの誕生から現代まで、バレエの歴史に沿って、70以上の重要作品を世界的視点で完全網羅
●チャイコフスキー、ストラヴィンスキーといった作曲家、プティパからバランシン、 マシュー・ボーンまで主要な振付家、ニジンスキー、マーゴ・フォンテーン、ルドルフ・ ヌレエフからカルロス・アコスタまで歴史に名を残すダンサーたちーー総勢80名以上の主要人物たちを、その生涯や作品、歴史的影響まで徹底紹介
●英国ロイヤル・バレエのプリンシパルとして世界的人気を誇ったバレリーナ、 ヴィヴィアナ・デュランテが全面監修

わたしの最大の喜びのひとつは、バレエの楽しさを人に伝えること。
一冊でバレエの全体像を見せてくれる、このすばらしい本を皆様に紹介することも、わたしにとって喜ばしいことなのです。

── ヴィヴィアナ・デュランテ
(本書監修。元英国ロイヤル・バレエ、Kバレエ カンパニープリンシパル)


本書を推薦します!
魅力的な記述と豊富な図版によって、バレエの誕生から現在に至るまでの“生きた姿”を伝えてくれるのが本書だ。ページを繰る度に名作が、アーティストが、眼の前で息づきはじめる。
ーー長野由紀(舞踊評論家)

ルネサンスから21世紀まで、バレエ500年の歴史に思いを馳せて、日がな一日眺めて飽きない浩瀚な一冊。500枚を超える写真と図画が、バレエの美の秘密を解き明かす。
ーー海野敏(東洋大学教授・舞踊評論家)


 

 

 

 

 



◆目次◆
●バレエの誕生 1550~1830年
●ロマンティック・バレエ 1830~1860年
●クラシック・バレエ 1860~1905年
●モダン・バレエ 1905~1945年
●バレエの国際化 1945~1975年
●今日のバレエ 1975年~現在
 

【書誌データ】
『バレエ大図鑑』
ヴィヴィアナ・デュランテ総監修 森菜穂美日本語版監修
河出書房新社 刊
定価13800円+税
B4変形(301mm×252mm)/上製本/360ページ/オールカラー
2019年11月21日発売
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309290348/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 河出書房新社 >
  3. すべてのバレエ愛好家に捧ぐ世界初の美しい図鑑『バレエ大図鑑』が発売!