AOSデータ社、観光テックカオスマップ2023版公開 ChatGPTで32業界クラスターに

〜観光産業のアンカー企業への成長を Data to AI® プラットフォームで支援〜 2023年8月3日 観光テックフォーラム開催

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋 以下 AOS データ社)は、観光テック分野の32業界クラスターを網羅した「カオスマップ」を公開しました。本マップは、観光産業におけるテクノロジーの最新動向を把握するための一助となれば幸いです。
観光テック業界は近年、ABC MIND(AI、Blockchain、Cloud、Metaverse、IoT、Network、Data)などの先端技術の進化により大きな変革を遂げています。これらの技術は、観光体験の質を高め、効率を上げ、新たなビジネスモデルを生み出す可能性を秘めています。観光テックは、観光業界がこれまでに直面した課題を解決し、これからの観光体験を劇的に変える力を持っています。

これらの技術が観光業にどのように取り入れられ、どのように活用されているのかを理解するために、AOSデータ社は、ChatGPTを使って、各領域を8つのメインカテゴリと4つのサブカテゴリ、合わせて32業界クラスターに分け、各クラスター毎に代表的な日本の企業をピックアップした「観光テックカオスマップ」を作成しました。

 

光カオスマップ2023版は、デジタル体験、データドリブン観光、顧客エンゲージメント、サステナビリティ観光、スマート交通、デジタルマーケティング、スマートインフラ、観光テックの未来の8つのメインカテゴリで構成されています。それぞれのカテゴリはさらに、より具体的な4つのサブカテゴリに細分化され、一つ一つの業界クラスターには、その分野で活躍する日本の企業がリストアップされています。

本マップは、観光業界のステークホルダーがテクノロジーの最新トレンドを把握し、その影響を理解するのに役立つ情報源となることでしょう。また、企業や研究者が観光テックのエコシステムを探る際の参考にもなります。

AOSデータ社は、今後も観光テック業界の動向を見つめ、最新の情報を提供し続けることで、業界全体の発展に寄与してまいります。観光業界はデジタル化と革新を通じて、更なる成長と発展を遂げることでしょう。

観光テックが全ての観光業界のDXを推進
2023年は、AIブームが世界に到来し、毎日のように生成AIの話題で世界中が湧きかえっています。現在は、第四次産業革命が進展しており、観光産業でも劇的な変革が起こっていますが、それらは、観光テックと呼ばれています。観光テックとは、観光とテクノロジーを組み合わせた造語です。AOSデータ社は、この観光テックの発展に不可欠な観光データプラットフォームを提供し、観光業界のDX推進を支援しております。
AOSデータ社は、今後も業界の動向を追い、革新的な観光テック企業の登場を支援いたします。この「観光カオスマップ」の目的は、企業が観光産業の動向を理解し、新たなビジネス機会を探求することで、全体的なX-Techエコシステムの構築を支援することです。

▼ X-TechのInside実装については、こちらをご参照ください。
https://www.aosidx.jp/xtech/

今回、掲載した観光カオスマップの業界クラスタ一覧
1. デジタル体験(AR/VR観光、デジタルガイド/マップ、バーチャルツアー、モバイルアプリ)
2. データドリブン観光(ビッグデータ解析、人流解析、AI予測、行動分析)
3. 顧客エンゲージメント(パーソナライズ旅行、リアルタイムフィードバック、CRM、ゲームフィケーション)
4. サステナビリティ観光(エコロジー、知識と教育、サステナビリティ評価、環境モニタリング)
5. スマート交通(自動運転、MaaS 、ドローン、スマート航空)
6. デジタルマーケティング(SEO/SEM、マーケティングオートメーション、ソーシャルメディア、コンテンツメディア)
7. スマートインフラ(スマートホテル、スマートシティ、IoTデバイス、データインフラ)
8. 観光テックの未来(新技術、ロボット、プロジェクションマッピング、ブロックチェーン)

<ロゴ・サービス名称の掲載について>
カオスマップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、掲載させていただいた各社様に事前許諾を得ていないものもございます。
使用上問題がある場合は、お手数ですが「pr_data@aosdata.co.jp」までご連絡ください。

観光テック×AI/DXフォーラム」83日に開催
AOSデータ社は、観光業のDXおよびAI活用の推進を目的に、「観光テックxAI/DXデータフォーラム」を、2023年8月3日に、【観光×ビッグデータ】【インバウンド×DX】【宿泊業×DX】【国際進出×DX】のセッションに7社ご登壇頂き、大手町の日経カンファレンスルームで開催いたします。

(1)日時:2023年8月3日(木)14:00~17:15 (受付開催:13:45)
(2)会場:日経ホール&カンファレンスルーム 「日経カンファレンスA」
     https://www.nikkei-hall.com/access/ 
             東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6F *当日は、オンラインとハイブリッドで開催予定です。
(3)お申し込み先: https://form.aosdata.co.jp/corporate/event2308-input/
(4)アジェンダ  *本アジェンダは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月  所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町ビル4F
資本金:1億円(資本準備金15億2500万円)
URL: https://www.aosdata.co.jp/
AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業7,000社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のお客様の無くしてしまったデータを復旧してきたデータ復旧事業、1,300万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、14年連続販売本数1位を獲得しています。また、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データのフォレンジック調査や証拠開示のEデイスカバリサービスで数多くの事件の解決をサポートした技術が評価され、経済産業大臣賞を受けたグループ企業のリーガルテック社のリーガルデータ事業を統合し、今後一層、データコンプライアンス、AI・DXデータを含めた「データアセットマネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献いたします。また、 若手隊員の登用・育成を促進し、防衛省の優秀な人材確保・育成に寄与することを目的として作られた若年定年制度を支援し、先端技術のエンジンニアキャリアが活かされる産官連携で日本社会に貢献します。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AOSデータ株式会社 >
  3. AOSデータ社、観光テックカオスマップ2023版公開 ChatGPTで32業界クラスターに