プラズマクラスター冷蔵庫<SJ-PD28E>を発売

中型冷蔵庫において業界最大(※1)の125L大容量冷凍室「メガフリーザー」搭載

プラズマクラスター冷蔵庫左より <SJ-PD28E-T(庫内イメージ)> <SJ-PD28E-T(ブラウン系)> <SJ-PD28E-W(ホワイト系)>プラズマクラスター冷蔵庫左より <SJ-PD28E-T(庫内イメージ)> <SJ-PD28E-T(ブラウン系)> <SJ-PD28E-W(ホワイト系)>

 

 シャープは、中型冷蔵庫において業界最大の125L大容量冷凍室で、4段ボックスの「メガフリーザー」を搭載した2ドアボトムフリーザータイプのプラズマクラスター冷蔵庫<SJ-PD28E>を発売します。

 健康志向、食費節約のため自炊をする単身世帯や、シニア世帯までの幅広い少人数世帯において、「週末に1週間分の食材を作り置きしたい」「調理が手軽にできる冷凍食品や使い切れない野菜を保存したい」など、冷凍室の大容量化に対するニーズが高まっています。

 本機は、そうしたニーズに対応し、整理収納しやすい4段ボックスの125L大容量冷凍室「メガフリーザー」を搭載しました。また、当社独自技術の「プラズマクラスター」で除菌(※2)(※3)した冷気が冷蔵室内を清潔に保ちます。さらに、高湿度シールド構造で庫内の乾燥を抑えることにより、鮮度を保つ「シャキット野菜室」を採用。デザインは、指になじむ緩やかな曲面形状のスリムハンドルがアクセントのシンプルでスタイリッシュな外観を実現しました。

 当社は、これからも使いやすさ・鮮度保持・デザイン性を追求したお客様の暮らしに寄り添う冷蔵庫を提案してまいります。

品名: プラズマクラスター冷蔵庫
タイプ: 2ドアボトムフリーザー
形名: SJ-PD28E
定格内容積: 280L
希望小売価格: オープン
発売日: 2018年12月20日
月産台数: 15,000台

■ 主な特長
1.業界最大の125L大容量冷凍室で、整理収納しやすい4段ボックスの「メガフリーザー」
2.冷蔵室内の空気を清潔に保つ「プラズマクラスター」を搭載
3.鮮度を保って美味しく保存する「シャキット野菜室」
4.毎日使う冷蔵庫だからこそ「節電モード」で通常運転に比べ、賢く省エネ

※1   定格内容積171~350Lクラスの国内家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫において。2018年12月4日現在。(当社調べ)
※2   ●(1,000Lのボックス内での実験結果。実使用空間での実証結果ではありません。) ●試験依頼先(一財)石川県予防医学協会 ●試験方法:1,000Lのボックス内にプラズマクラスターイオンを放出し、その後、浮遊菌をエアーサンプラーを用いて採取し、生菌数を測定(プラズマクラスターイオン濃度:吹出口200,000個/立方cm) ●試験対象:浮遊した1種類の菌 ●対象場所:冷蔵室内 ●試験結果:約73分で除去率99%
※3   使用環境(庫内の食品の量・置き場所など)により、プラズマクラスターイオンの効果が異なることがあります。また、食中毒などの予防を保証するものではありません。付着菌を除菌するタイプではありません。

* プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181204-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181204-a.pdf

【画像ダウンロードサービス】
http://www.sharp.co.jp/press/p181204-1.html
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. プラズマクラスター冷蔵庫<SJ-PD28E>を発売