住民票の写しなどの支払いにキャッシュレス決済を導入します

- 四街道市役所での手数料支払いが便利になります -

 四街道市では、市民サービスの向上及び新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、10月1日(金)より、市役所窓口サービス課と課税課の窓口で発行する各種証明書の手数料について、クレジットカード、電子マネーによるお支払いが可能なキャッシュレス決済を導入します。

■キャッシュレス決済開始日
令和3年10月1日(金)


■対象の手数料
①窓口サービス課で取り扱う戸籍・住民基本台帳関係の発行手数料
②課税課で取り扱う税務証明の発行手数料


■利用可能な決済サービス
①クレジットカード
VISA、 Mastercard、DinersClub、
JCB、AMERICANEXPRESS、Union Pay



②電子マネー
ID、WAON、Quicpay、nanaco、楽天Edy
交通系ICカード
(Suica、PASMO、SUGOCA、nimoca、ICOCA、manaca、Kitaca、はやかけん)



■主な留意点
・キャッシュレス決済と現金支払いの併用はできません。また、ポイントでのお支払いはできません
・市役所窓口でのチャージ(カードへの入金)はできません
 

■報道機関向けのデモンストレーションを行います
 9月28日(火)17時30分から、実際の機器を使用したデモンストレーションを窓口サービス課で実施します。
 参加を希望される方は、9月27日(月)正午までに、下記お問い合わせ先にご連絡ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 四街道市役所 >
  3. 住民票の写しなどの支払いにキャッシュレス決済を導入します