フレキシブル包装市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「フレキシブル包装の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月27日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc988418-flexible-packaging-market-global-industry-trends.html


市場の概要
フレキシブル包装市場は、2020年に1,193億米ドルの規模に達しました。パッケージングは、製品の保管、輸送、展示、使用中に、製品の保護、利便性、封じ込め、コンプライアンスを提供する経済的な手段であるとよく言われます。フレキシブル包装とは、柔軟で歩留まりの良い素材でできており、さまざまな形に簡単に成形できるパッケージのことです。フィルム、紙、アルミホイルなどの最高品質の素材を組み合わせ、さまざまな保護機能を持たせたフレキシブル包装は、包装業界の中でも急成長している分野のひとつです。これらのフレキシブルパッケージは、パウチ、ライナー、バッグ、オーバーラップなどの形状を獲得することができ、それはあらゆるタイプのパッケージと共鳴することができます。食品業界におけるフレキシブル包装のさまざまな用途には、すぐに食べられる食品の包装、ボイルインバッグのパウチ、冷凍庫から電子レンジへの移動が多い食品の包装などがあります。冷凍庫から電子レンジに移すタイプの食品に使用される包装材は、高温に強く、耐湿性に優れたシーラントでもあります。フレキシブルパッケージの非食品製品用途には、断熱材、化粧品、ヘルスケアなどがあります。フレキシブル包装は、食品の安全性、食品の価値向上、保存期間の延長、加熱・水分バリア、効果的な透過性、使いやすさを確保し、市場は急速に成長しています。また、消費者は、利便性、審美性、耐久性へのこだわりから、この包装タイプを好んでいます。

市場の動向及び成長要因
包装技術の進歩に後押しされて、フレキシブル包装材の世界的な需要は力強い成長を見せています。さらに、消費者の間では、保管上の問題を解決するための費用対効果の高い代替手段であり、製品の無駄を最小限に抑え、食品を安全かつ健康に保つことができることから、フレキシブル包装材の人気が高まっています。また、医薬品や栄養補助食品の業界でも、ポリマーをベースとした持続可能でリサイクル可能な代替品を提供できることから、軟包材の需要が高まっています。現在、市場を牽引しているその他の要因としては、カスタマイズ性、安全性の確保、再利用性、透明性、信頼性などが挙げられます。今後5年間、フレキシブル包装市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分
フレキシブル包装市場は、製品タイプ、原材料、印刷技術、用途、地域に基づいて市場を分類しています。

製品タイプ別では、印刷ロールストック、プリフォームドバッグとパウチ、その他に分類されています。現在、印刷ロールストックが最大の市場となっています。

原材料別では、プラスチック、紙、アルミホイル、セルロースに分けられます。現在、プラスチックが最大のセグメントとなっています。

印刷技術に基づいて、市場はフレキソグラフィー、グラビア、デジタル、その他に分類されています。フレキソグラフィーが主要なセグメントとなっています。

用途別では、食品・飲料が最大のセグメントであり、市場シェアの大半を占めています。その他の主な用途としては、医薬品、化粧品、その他が挙げられます。

地域別では、アジア太平洋、欧州、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、アジア太平洋地域は最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況
フレキシブル包装市場における主要な企業としては、Amcor、Bemis Company、Berry Global、Mondi、Sealed Air、Aluflexpack novi、Bak Ambalaj Sanayi、Constantia Flexibles、Clondalkin Group、Danaflex、DS Smith、Glenroy、Huhtamäki、Printpack、ProAmpacなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988418-flexible-packaging-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. フレキシブル包装市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し