『これからの産学連携 農工大と拓く未来 ベンチャー企業への期待』を11月22日(木曜)に開催 ―「農工大・多摩小金井ベンチャーポート」設立10周年記念フォーラム―

独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部(略称:中小機構関東、所在地:東京都港区、本部長:占部治)では、インキュベーション施設「農工大・多摩小金井ベンチャーポート」の設立10周年を記念して、東京都、小金井市、東京農工大学とともに、11月22日(木曜)に以下の通りフォーラムを開催します。

◆日時:11月22日(木曜)14:00~19:00
◆場所:東京農工大学小金井キャンパス内 グリーンホール(新1号館)
◆定員:100名
◆参加費:無料(ただし、交流会は2,000円/名)
◆プログラム
14:25~15:25 基調講演「大学を活かし、地域を育む知的創造サイクル
~ベンチャー企業への期待~」
東京農工大学大学院工学研究院 教授 中川 正樹 氏
15:40~15:50 農工大・多摩小金井ベンチャーポート10周年活動報告
15:50~17:10 入居企業発表(順不同)
・株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所
・株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズ
・コネクテッドロボティクス株式会社
・株式会社TL Genomics
17:30~19:00 交流会・入居企業パネル展示会
農工大140周年記念会館(エリプス)3F
※交流会場内で、入居企業のパネル展示等を行います。

◆参加申込み:以下のURLより申込みください。
https://krs.bz/smrj-hp/m/163-t

◆主催:中小機構関東
◆共催:東京都(予定)、小金井市、国立大学法人東京農工大学
◆後援:小金井市商工会、一般社団法人小金井市観光まちおこし協会、公益財団法人東京都中小企業振興公社、日本政策金融公庫

<中小機構について>
中小企業基盤整備機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として様々な中小企業支援を行う経済産業省所管の独立行政法人です。全国9ヶ所の地域本部を拠点として、中小企業の事業活動の活性化に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化などの中小企業の様々な課題に対し、経営相談、研修、共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中小機構 >
  3. 『これからの産学連携 農工大と拓く未来 ベンチャー企業への期待』を11月22日(木曜)に開催 ―「農工大・多摩小金井ベンチャーポート」設立10周年記念フォーラム―