「筑波大学人工知能科学センターとつくば市とのつくばセンタービルリニューアルに係る包括協定」の締結

 筑波大学人工知能科学センター(櫻井鉄也センター長)とつくば市は、つくばセンタービルリニューアルに当たり、緊密な相互連携に基づき、協働による取組等を実施することにより、筑波研究学園都市にふさわしい新たな拠点を目指すことを目的として、包括協定を締結しました。

【締結日】
令和2年(2020年)8月3日(月)

【内容】
①人工知能を活かしたつくばセンタービルリニューアルに向けた検討を行う。
②人工知能を活かした運営等を行い、施設運営における効果的な人工知能の可能性等を検討する。

※具体的な活用事項は、今後の協議により検討を行っていきます。
※令和元年(2019年)より、つくばセンタービルの1階に「筑波大学人工知能科学センターAIラボ」が入居しています。

※締結式は行いません。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. つくば市 >
  3. 「筑波大学人工知能科学センターとつくば市とのつくばセンタービルリニューアルに係る包括協定」の締結