世界的マーケットプレイス 「eBay」と越境ECサービス 「Buyee」が連携スタート

~Buyeeでの+94%の流通拡大を受けて、アジアでのさらなる成長を目指す~

BEENOS株式会社(東証一部:3328、以下BEENOS)は、BEENOSの完全子会社が運営する越境EC代理購入サービス「Buyee(バイイー)」にて、世界的マーケットプレイス「eBay」と連携し、「eBay US」に出品された商品がアジア(※1)でも購入可能となりました。「Buyee」が翻訳、海外発送、お問合せ対応などをサポートいたします。アジアのお客様はアメリカの「eBay US」出品商品を購入できるようになります。

eBayは出品数15億点を誇る、1億5,900万人以上のお客様と1,900万人のセラーを結ぶ世界的なマーケットプレイスで、eBayの第2四半期(2021年4月~6月)の世界市場規模は221億USドルに及びます。

BEENOSグループは越境ECのリーディングカンパニーとして、2008年に海外転送サービス「転送コム」事業を開始し、テクノロジーの力で日本から海外、海外から日本を双方向に結ぶグローバルプラットフォーム構築を掲げ、あらゆる人・企業とグローバル市場を繋ぎ、新しい常識や可能性の提供を目指しています。今回の連携により、Buyeeは世界的にも需要が高い「eBay」出品商品をアメリカのプラットフォームからアジアのお客様にお届けし、アメリカとアジアを結ぶCtoCの新しい市場創造の実現に貢献できるよう努めます。
 
  • 背景
BEENOSグループは2007年よりeBayと業務提携し、「eBay」の日本向けショッピングサイト「セカイモン」を共同で開始しました。「セカイモン」は日本で唯一eBayに公認された「eBay」の商品が購入できるECサイトです。アメリカ、イギリス、ドイツなどから出品される商品を対象に、日本語での商品検索・閲覧、日本円での入札・検品・国際配送サービス・日本語でのカスタマーサポートを提供しております。

BEENOSグループとeBayは今回新たにパートナーシップを組み、BEENOSグループの強みである12年以上の越境EC事業で培ったアジアへの圧倒的な販売力と強固な顧客基盤、ファッションアイテムやライフスタイル商品から自動車部品、コレクションアイテムなどアジア人気が高い商品の「eBay」の豊富なラインナップを活かして、アジアでの流通拡大を目指します。


●越境ECサービス「Buyee」の流通総額は、前年同期比+94%

Buyeeの2021年第3四半期の流通総額は前年同期比+94%(※2)と拡大し、アジアでの流通も伸長しています。今回の連携により、アジアのお客様はアメリカの希少性の高い商品などの「eBay」出品商品に簡単にアクセスできるようになります。BEENOSグループは、これによりアジアでの流通拡大含めた海外販売における市場の拡大を図ってまいります。


●「eBay」と 「Buyee」の連携により、グローバルプラットフォーム構築を強化

BEENOSグループは、モノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしておりますが、特に、中核事業であるグローバルECサービスの運営において、BEENOSグループの代理購入サービスとのシステム連携により海外のマーケットプレイスに販路を拡げ、世界中へ流通を実現する一気通貫した販売チャネルである「グローバルプラットフォーム」の構築を目指しています。
今回の連携で、アジアのお客様は「eBay」の出品商品に簡単にアクセスできるようになり、BEENOSグループが掲げるグローバルプラットフォームをさらに強化し、国境を越えた新しい市場の創造を目指します。

(※1)配送対象国/地域:中国、香港、マカオ、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン
(※2)2021年第3四半期(2021年4月1日~6月30日)のBuyeeにおける流通総額の前年同期比


【連携内容】
今回の提携では、eBayとBuyeeがシステム連携し、BuyeeのWEBサイト内に「eBay US」のアジア向けサイトを開設いたします。サイト内では、日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、タイ語から表示言語を選択することができることに加え、海外では主流のPayPal、Alipayや銀聯クレジットカードなどの決済方法も利用することができます。Buyeeはアジアのお客さまから注文を受けた商品を「eBay US」で代理落札し、商品を検品・梱包した後にアジアへ発送します。また、Buyeeは海外発送手続きや日本語・英語・中国語(繁体・簡体)、タイ語でのお客さまのお問合せサポートなども行います。

・配送対象国/地域:中国、香港、マカオ、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン
※Buyeeにご登録いただいている配送先がこれらの国、地域であるお客様が対象となります。


【BEENOSグループの概要】
BEENOSグループは、モノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしており、グローバルECサービスの運営や、インバウンド需要を見込んだ日本独自のコンテンツ商材の企画・開発、そして国内外約70社の企業への出資を行っております。
越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/)」と「Buyee(https://buyee.jp/)」においては、両サービスあわせて2,500以上(2020年9月現在)の国内ECサイトの海外販売をサポートしており、配送対象は118ヶ国/地域に上ります。国境を越えた商取引の障壁となる「言語」「決済」「物流」の問題を解消することに加え、海外発送オペレーションやグローバルなカスタマーサポートなど独自のノウハウを培ってまいりました。12年以上の越境EC購買データベースの構築や機械学習など、テクノロジーを活用して海外のお客さまに便利で分かりやすく、安心してご利用いただけるサービスづくりに努めております。配送手段、決済手段が多様であることや、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど高いサービスレベルを海外のお客様に評価いただき、会員数は250万人以上(2020年9月末時点)となりました。


【BEENOS株式会社の概要】
社 名 : BEENOS 株式会社
代 表 者 : 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井 聖太
本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7番 35 号
設 立 年 月 : 1999年11月
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BEENOS株式会社 >
  3. 世界的マーケットプレイス 「eBay」と越境ECサービス 「Buyee」が連携スタート