Dante・96kHz運用に対応する10Gアップリンクポートを新搭載 ヤマハ L2スイッチ『SWP2シリーズ』​

− デジタル音声信号の多チャンネル長距離伝送における安定性を強化、2019年5月発売 −

ヤマハ株式会社は、プロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、オーディオネットワーク規格「Dante」を使用した機器の接続に最適なL2スイッチ『SWP2シリーズ』を2019年5月に発売します。

 

ヤマハ L2スイッチ『SWP2シリーズ』 『SWP2-10MMF』ヤマハ L2スイッチ『SWP2シリーズ』 『SWP2-10MMF』

ヤマハ L2スイッチ『SWP2シリーズ』 『SWP2-10SMF』ヤマハ L2スイッチ『SWP2シリーズ』 『SWP2-10SMF』



<価格と発売時期>
品名:ヤマハ L2スイッチ

品番/価格/発売時期
SWP2-10SMF/オープンプライス/2019年5月
SWP2-10MMF/オープンプライス/2019年5月

関連オプション
品名:ACアダプター

品番/価格/発売時期
PA-700/オープンプライス/2019年5月


<製品の概要>
ホールやスタジアム、野外などで行われるライブコンサート用の音響システムでは、広大なステージや会場に設置された多くの機材を繋ぐためにオーディオネットワークの普及が進んでいます。当社は、2012年に発売したデジタルミキシングコンソール「CLシリーズ」を筆頭に、Audinate社が開発した多チャンネルのデジタル音声信号を低遅延で送受信できる「Dante」を多くのプロオーディオ機器で採用し、オーディオネットワークの普及を牽引してきました。

一方、当社が1995年にルーター市場に参入して以来、中小規模ネットワーク・SOHOを中心とした多くの企業で当社のネットワーク機器が導入されてきました。なかでもスイッチ製品は、ネットワーク管理者の保守・管理の負担を軽減できる「ネットワークの見える化」で高い評価を獲得しています。

このたび発売する『SWP2シリーズ』は、「Dante」に最適化したオーディオネットワークシステムの設定・運用がより便利に行えることで評価を得た「SWP1シリーズ」の操作性と信頼性を維持しつつ、新たにopticalCON端子の10Gアップリンクポートを2ポート標準搭載したL2スイッチです。サンプリング周波数を96kHzに設定した「Dante」ネットワークにおいても、帯域不足による音声の途切れや遅延を回避し、長距離伝送でも安定した通信を実現します。

詳細は、以下の通りです。


<主な特長>
1.Danteの推奨設定を用意

より安定した「Dante」のネットワークを構築するためにはスイッチの設定を“「Dante」に最適化”する必要があります。インテリジェントスイッチを使用することで必要な設定を行えますが、これらの設定はネットワークに精通したIT技術者でないと難易度が高いのが実情です。『SWP2シリーズ』は、Danteネットワークを安定動作させるための推奨設定(QoSやEEE、IGMP Snoopingなど)をディップスイッチ1つで設定できます。また、10Gアップリンクポートを搭載し、サンプリング周波数を96kHzに設定したDanteネットワークにおいても、帯域不足の心配をせずに運用できます。

2.設置柔軟性を高める長距離伝送対応
『SWP2シリーズ』は、遠距離通信用光モジュールを装着したopticalCON端子を2ポート新たに搭載し、マルチモードファイバー対応opticalCON端子搭載の『SWP2-10MMF』とシングルモードファイバー対応opticalCON端子搭載の『SWP2-10SMF』の 2モデルをラインアップしました。これにより、100mを越える「Dante」機器間の接続を求められる環境でも、伝送損失が少ない、電磁ノイズを受けにくいなど、長距離通信における信頼性を提供します。また、光ケーブルを2本配線し、リンクアグリゲーションを設定することで基幹回線の2重化が可能になり、スパニングツリー(MSTP)による冗長化にも対応します。

3.ネットワーク内の通信を切り分けることができる3タイプのVLANプリセットを内蔵
ネットワークを有効に活用するため、コントロール用の「StageMix」等のアプリケーションを利用するスマートデバイスなどを「Dante」と同じネットワークに接続する場合、VLAN 機能を利用してネットワーク内の通信を切り分ける必要があります。『SWP2シリーズ』は、3 タイプのVLAN プリセットを内蔵し、これらをディップスイッチで簡単に切り替えることができます。また、USER モードでカスタマイズしたVLAN 設定を行うことも可能です。

4.ネットワーク状態の可視化
専用のWindows アプリケーション「Yamaha LAN Monitor*」を使用することで、ネットワーク負荷、スイッチの状態、Dante 固有のデバイス情報といった「Dante」のネットワーク全体を管理するための情報を1 画面に集約し「見える化」することができます。通常の状態をスナップショットしておけば、この状態から変化があった場合にアラートを出すことができるので、問題が発生してもすぐに原因究明して対策することが可能です。また、どの端子がどのVLANに属しているのかを『SWP2シリーズ』本体のインジケーターでも確認できます。

*Yamaha LAN Monitor V1.3.6 以上に対応

5.安心・安全を支えるハードウェア
全モデルでラックマウントに対応します。また、ケーブルが抜けやすい仮設環境も想定し、etherCONやopticalCON端子を搭載し、電源部ではVロック対応のAC IN端子を採用しています。また、XLR-4-32タイプのEXT DC INPUT端子も装備し、オプションの『PA-700*』などの対応する外部電源(+24V)を供給することで、電源の2重化にも対応します。

*『PA-700』はEXT DC INPUTを持つ「SWP1シリーズ」、I/Oラック「RSio64-D」にも使用可能です。


※今回の新製品および、ヤマハページングソリューションの詳細は、プロオーディオサイトをご参照ください。
 https://jp.yamaha.com/products/proaudio




ヤマハ ネットワークスイッチ製品情報サイト
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/network_switches/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマハ株式会社 >
  3. Dante・96kHz運用に対応する10Gアップリンクポートを新搭載 ヤマハ L2スイッチ『SWP2シリーズ』​