世界のトップ選手が参戦!アジア最高位のワンデーレース ジャパンカップクリテリウムとサイクルロードレース 初の両日生中継決定!

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 木下伸 以下「J SPORTS」 ※1)は、10月18日(⾦)〜20日(日)に栃木県宇都宮市で行われる「2019 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE」のサイクルロードレースとクリテリウムを生中継します。またPC、スマホ、タブレット、スマートテレビで視聴できる動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド(※2)」でもLIVE配信します。

ジャパンカップ サイクルロードレースは1990年に宇都宮市で開催された世界選手権自転車競技大会のメモリアルレースとして1992年に創設され、現在ワンデーレースとしてはアジアで唯一の最上位カテゴリーレースのオークラス(Hors Class=超級)のレースとなっています。標高差185m、1周10.3km、つづら折りの古賀志林道を14周する総距離144.2km、総獲得標高約2,600mで争われるレースには世界トップカテゴリーのUCIワールドチームも参戦するため、世界レベルの戦いを間近で見ることが出来ます。
J SPORTSは、これまで15年以上に渡りジャパンカップ サイクルロードレースをハイライトでお届けしてきましたが、サイクルロードレースファンの熱い要望に応え、同大会初の生中継を実施することが決定しました。


またサイクルロードレースの前日、10月19日(土)に開催され、今年10周年を迎えるジャパンカップ クリテリウムの模様も生中継でお届けします。宇都宮市の中心部を貫く宇都宮市大通りに設定された1周2.25kmのコースを15周する総距離38.25kmのレースは、トップ選手たちが猛スピードで走る姿を何度も観ることが出来るため、ロードレースファンはもちろん市民にとっても毎年楽しみなレースとなっています。
昨年のクリテリウムはツール・ド・フランスでステージ勝利を挙げたこともあるジョン・デゲンコルブ選手(トレック・セガフレード)が優勝。サイクルロードレースではロブ・パワー選手(ミッチェルトン・スコット)が優勝しました。今年は新城幸也選手(バーレーン・メリダ)と別府史之選手(トレック・セガフレード)が揃って出場ということで、日本人選手の活躍にも期待が高まります。
宇都宮の熱い2日間をSNS上の現地レポートなども交えながらたっぷりとお伝えします。
ぜひJ SPORTSでお楽しみください。

*放送/配信予定は変更になる場合がございます。詳しくは番組ページをご確認ください。
https://www.jsports.co.jp/cycle/
*ジャパンカップ サイクルロードレースはYouTubeのJ SPORTS公式チャンネルでもご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/user/jsportschannel

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J SPORTS >
  3. 世界のトップ選手が参戦!アジア最高位のワンデーレース ジャパンカップクリテリウムとサイクルロードレース 初の両日生中継決定!