アニャ・テイラー=ジョイがディオールのグローバル アンバサダーに就任


この度、ディオールとアニャ・テイラー=ジョイは、パートナーシップを締結しました。アニャ・テイラー=ジョイは、ディオールが継承してきたアイコニックなヘリテージをたたえ、ウイメンズコレクションのアーティスティック ディレクターであるマリア・グラツィア・キウリとメイクアップのクリエイティブ&イメージ ディレクター ピーター・フィリップスによるデザインやクリエイションを紹介していきます。

 アニャは、ロバート・エガースが監督・脚本を務めた、『ウィッチ』の演技でスクリーンデビューを果たし、最近では大人気のNetflixオリジナルシリーズ『クイーンズ・ギャンビット』で世界中の視聴者を魅了しました。 「ベス・ハーモン」役として活躍した彼女は、エミー賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞、放送映画批評家協会賞、全米映画俳優組合賞を受賞しました。

今後は、エドガー・ライト監督によるサイコスリラー映画『ラストナイト・イン・ソーホー』、フォーカス フィーチャーズの『ザ・ノースマン(原題)』、ニュー・リージェンシープロダクションによる、デヴィッド・O・ラッセル監督との新作などが予定されています。さらに、レイフ・ファインズと共演するサーチライト社の『ザ メニュー(原題)』、ジョージ・ミラー監督により、何タイトルもオスカー賞を受賞した大ヒット作品『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のスピンオフ映画『フュリオサ(原題)』では主演を務めます。

彼女の幅広いフィルモグラフィーには、ゴールデングローブ賞にノミネートされた、オータム・デ・ワイルド監督の『EMMA エマ』や、『スプリット』、そして『ミスター・ガラス』などがラインナップ。最近は『サタデーナイトライブ』のシーズンフィナーレでホストを務めています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社 >
  3. アニャ・テイラー=ジョイがディオールのグローバル アンバサダーに就任