酒の全てを知り尽くした居酒屋作家・太田和彦が伝授する家飲みの極意!

今夜の酒が5倍うまくなる、太田和彦流、晩酌の流儀

株式会社大和書房(本社:東京都文京区、代表取締役:佐藤 靖)は『家飲み大全』(太田和彦 著)を2021年9月11日に発売いたします。

 

 
  • 太田和彦が伝授する「家飲み」の極意
コロナ禍でなかなか外でお酒を飲めない昨今、「家飲み」ブームが続いています。
居酒屋巡りが好きだった人にとって、家飲みはどこか味気なく感じてしまうこともあるでしょう。
一時流行したオンライン飲み会もいつしかブームが去ってしまいました。
確かに好きな店に入り、好きなものを食べ、仲間と語り合い、店主との会話を楽しむ。居酒屋には魅力が沢山あります。一方で、家飲みには居酒屋で飲む時とは違った魅力があります。

本書では、酒のすべてを知り尽くした居酒屋作家・太田和彦が、「家飲み」の流れ(第一部、第二部)、酒の選び方、注ぎ方、酒の肴まで「究極の飲み方」を伝授します。
  • 居酒屋飲みと家飲みの違いって?
酒なら家で飲めるのに、わざわざお金を払って外で飲むのは「世間」に身をおくこと、他人の中に自分を放り込むことが目的だからだ。
それゆえ、入った店に客は自分一人だったらつまらなく、ある程度混んでいる方がよい。人との「密」が必要だ。そこには自分が「人好き」の要素もある。注文した、家では食べられない料理もまた世間。酔っぱらうのが目的ではなく「世間との絆きずなを確認する」ことでもある。
 家飲みはその真逆だ。「世間との関係を断って」一人で飲む。「密」ではない「個」の世界。酒も料理も注文はできない、いつも同じもの。しているのは、世間の観察、世間との連帯ではなく、自分の観察、自分との連帯。普段は忘れている「自分との絆を確認する」営為だ。
(「家飲みの作法」より引用)

ビールは缶、肴は冷蔵庫の余りもの、支度も片付けも自分で行い、ぼおっと飲んでいる。おおむね一人で行い、終えたらバタンと寝ればいい。これが家飲みです。
何も考えず、ただぼんやりとした無の時間こそが家飲みの神髄なのです。
  • 太田和彦こだわりの家飲み作法
まずは専用のお盆を用意します。そこに置くのは「グラス・箸・肴一品」の3点のみ。それ以外のビール缶や皿を盆の外に置きます。
家飲み第一部はビールから。こだわりのグラスに集中してビールを注ぐ。ビールつまみナンバーワンはソーセージだ。肴は市販品を皿に盛るだけの簡単さに。


家飲み第二部は日本酒。ビールグラスを片付け、徳利と盃を用意します。飲み方は「お燗」。燗酒は腹からじわじわと酔っていくのが特徴で、家飲みで長酒するのにぴったりなのです。


ビールのこと、日本酒のこと、肴、酒器、時間の過ごし方まで、
「家飲み」のすべてが詰まった集大成!

【目次より
家飲みの作法
第一部 ビール
第二部 日本酒
肴を楽しむ初級
中級
上級
自分の世界


著者略歴
太田和彦 おおたかずひこ
1946年、北京で生まれ長野県松本市で育つ。デザイナー、作家。東京教育大学(現筑波大学)教育学部芸術学科卒業。資生堂宣伝制作室のアートディレクターを経て独立し、「アマゾンデザイン」を設立。デザイン関連の受賞多数。2000〜06年度、東北芸術工科大学教授。本業のかたわら日本各地の
居酒屋を訪ね、テレビ番組のナビゲーターとしても活躍している。1990年に初となる著書『居酒屋大全』(講談社)を刊行。以後、多数著作を上梓。主な著書に『居酒屋百名山』『ニッポン居酒屋放浪記』(ともに新潮社)、『70歳、これからは湯豆腐』(亜紀書房)、『月の下のカウンター』(小学館)などがある。

書籍概要
書名:家飲み大全
著者:太田和彦
出版年月日:2021/09/11
判型・ページ数: 文庫判・200ページ(口絵カラー8頁)
定価:858円(税込)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大和書房 >
  3. 酒の全てを知り尽くした居酒屋作家・太田和彦が伝授する家飲みの極意!