脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」と脆弱性スキャンツール「Vuls」の連動により脆弱性検知の精度や速度が大幅に向上

~2018年6月13日(水)~15日(金)に開催の「Interop Tokyo 2018」にて展示~

フューチャー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長 グループCEO:金丸 恭文、以下フューチャー)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(本部:東京都小金井市、理事長:徳田 英幸、以下NICT)が開発した脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐(ニルヴァーナ・カイ・ニ)」と、フューチャーが開発したオープンソースソフトウェアの脆弱性スキャンツール「Vuls」が、2018年5月よりシステム連携したことをお知らせいたします。

「Vuls」は、システムを構成するサーバのOSやアプリケーション、ソフトウェアの脆弱性を全自動でチェックするスキャンツールです。年間1万件超の脆弱性情報を自動でリアルタイムに収集・検知し、脆弱性が存在するサーバを特定するため、サーバ群のセキュリティ水準を高く保ちながら運用管理者の業務負荷を大幅に軽減します。数百から数千のサーバ群を保守・運用してきたフューチャーが経験にもとづく知見とノウハウを集約し、独自に開発しました。

「NIRVANA改(ニルヴァーナ・カイ)」は、企業などの組織内ネットワークを流れる通信をリアルタイムに観測・分析し、セキュリティ機器からのアラートを集約してサーバの脆弱性状況を可視化します。「Vuls」との連動を機に「NIRVANA改弐」にバージョンアップし、「Vuls」とシステム連携することで脆弱性検知の精度や速度を大きく向上させました。最新の脆弱性情報を全自動で収集・検知して脆弱性の存在する箇所や深刻度、個数などの情報をわかりやすく表示します。
また、重大な脆弱性が公表されたときは「Vuls」を利用して緊急フルスキャンを実施することで脆弱性を保有するサーバ群を能動的に検知するため、サイバー攻撃を予測してあらかじめ対策を立て、システムをセキュアに保つことができます。

「Vuls」を利用し緊急フルスキャンを実施した「NIRVANA改弐」画面「Vuls」を利用し緊急フルスキャンを実施した「NIRVANA改弐」画面

フューチャーとNICTは、2018年6月13日(水)~15日(金)に千葉市の幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2018(https://www.interop.jp/、以下Interop)」にそれぞれ出展し、「NIRVANA改弐」上で「Vuls」がどのように連携して動作するかを紹介します。

フューチャーのブース(6S26 : Security World)では、エンタープライズのお客様向けに運用管理業務サービスを追加した「FutureVuls」(https://vuls.biz/)も紹介します。また、Interopの会場内ネットワーク構築プロジェクト「ShowNet」に「FutureVuls」を無償提供し、展示企業や来場者の利用するネットワーク環境のセキュリティレベル強化をサポートします。

フューチャーのブースは「6S26  Security World」ですフューチャーのブースは「6S26 Security World」です

フューチャーは今後も検知の精度向上や迅速化、カバー範囲の拡張など、「Vuls」「FutureVuls」のサービスを充実させるとともに、両サービスを強みに、エンタープライズ向けに統合的なセキュリティコンサルティングサービスを提供していきます。


●フューチャー株式会社 概要
代表者 : 代表取締役会長兼社長 グループCEO 金丸 恭文
設 立 : 1989年11月28日
資本金 : 14億21百万円
U R L  : https://www.future.co.jp

●本件に関するお客様からのお問合せ先
フューチャー株式会社 Cyber Security Innovation Group 林
T E L : 03-5740-5721
E-mail:  csig-info@future.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャー株式会社 >
  3. 脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」と脆弱性スキャンツール「Vuls」の連動により脆弱性検知の精度や速度が大幅に向上