当社初の機能性表示食品「低温製法米のおいしいごはん® ヘルシーごはん」を新発売

 アイリスグループのアイリスフーズ株式会社(本社:仙台市、代表取締役会長:大山 健太郎)は、健康維持・増進が期待できる機能性表示食品「低温製法米のおいしいごはん® ヘルシーごはん」を2020年1月20日より発売し、全国のホームセンターやスーパーマーケットを中心に販売します。

 

 


 機能性表示食品の市場は消費者の健康志向、少子高齢化等の影響で年々拡大しています。今回発売する「低温製法米のおいしいごはん® ヘルシーごはん」は、食物繊維の一種であるイソマルトデキストリンを配合した機能性表示食品です。本商品を1日1パック摂取することで食後の血糖値の上昇を穏やかにし、血中中性脂肪の増加抑制が期待できます。忙しい毎日でも手軽に、健康に配慮しながら美味しいごはんを食べられます。
 


≪アイリスフーズのパックごはん『低温製法米のおいしいごはん®』の共通特長≫
・米の食味を損なわない15℃以下の環境で精米した「低温製法米®」を、同じ工場内のパックご飯の製造ラインに人手を介することなく直接送り込み、新鮮な状態でパックご飯にします。
・当社独自の無菌設備と品質保持手法により、添加物を使用せずに「低温製法米®」と水のみで生産しています。
・片手で持って食べやすい「角型」の容器を採用しています。

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. 当社初の機能性表示食品「低温製法米のおいしいごはん® ヘルシーごはん」を新発売