【11/10 大阪】 業務改革のポイントは稼働後にあった!運用・メンテナンスまで見据えたERPシステムの最新構築手法

ERPシステムの構築は「業務改革」が目的です。業務改革の達成には、ビジネスプロセスを見直し、全体最適を見据えながら、継続的に改善・再構築を繰り返していく必要があります。さらに、ビジネススピードの加速により、要求の変化に柔軟に対応できる仕組みが求められます。すなわち、ERPシステム構築に重要な事は、稼働後の継続的な見直しに柔軟に対応できるシステム設計と言えます。
本セミナーでは、2017年以降にERPシステム構築をご検討中のお客様に、稼働後の運用・メンテナンスまで見据えた構築手法について、今年のうちに知っておいていただきたい3つのことをご紹介いたします。

業務改革のポイントは稼働後にあった!運用・メンテナンスまで見据えたERPシステムの最新構築手法業務改革のポイントは稼働後にあった!運用・メンテナンスまで見据えたERPシステムの最新構築手法

<セミナープログラム>
◇IoTに備えた基幹システムと周辺ソリューションの強化
◇ERPパッケージ検討中・導入済企業様必見!
   超高速開発ツールWeb Performerを利用した業務の標準化・差別化へのシステム構築
◇SAPシステムのジョブ運用はJP1がラクにする!

■日時:2016年11月10日(木) 14:00~17:10(受付開始 13:30)
■会場:グランフロント大阪タワーA 13F
■主催:コベルコシステム株式会社、株式会社アシスト
   協力:キヤノンITソリューションズ株式会社
■セミナー詳細・お申込みはこちら
   http://www.kobelcosys.co.jp/event_seminars/detail/20161110/
■お問い合わせ先
   コベルコシステム株式会社 セミナー事務局
   TEL:078-261-6122
   Email:seminar@kobelcosys.co.jp

■超高速開発ツール「Web Performer(ウェブパフォーマ)」紹介動画

 

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンITソリューションズ株式会社 >
  3. 【11/10 大阪】 業務改革のポイントは稼働後にあった!運用・メンテナンスまで見据えたERPシステムの最新構築手法