Crossa(クロッサチェア)とpulizea(プリーゼア)が「レッドドット・デザイン賞2022」を受賞

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区 社長:湊 宏司)のcrossa(クロッサチェア)とpulizea(プリーゼア)が、 世界的に権威あるデザイン賞「red dot award 2022」プロダクト部門にて「レッドドット・デザイン賞2022」を受賞しました。

 


ー  crossa(クロッサチェア)ー

【受賞製品の概要】
crossa(クロッサチェア)は、曲線美が引き立つスリムなフォルム、軽量で座り心地の良いミーティングチェアです。折りたためるチェアでありながら、高いデザイン性が際立ち、トレンドを意識したシックなインテリアにも溶け込みます。
座面の奥を引き上げるだけで、簡単に安全に折りたたむことができ、折りたたんだ状態で自立可能です。また軽量で持ち運びやすくコンパクトに収納できるため、スペースを効率的に利用できます。
製品ページ:https://www.itoki.jp/products/mchair/crossa/


ー  pulizea(プリーゼア)ー

【受賞製品の概要】
pulizea(プリーゼア)は、病院での調査やスタッフの声を元に開発されました。医療従事者の負担を軽減し患者さんに安心して受診していただけるような清掃性・安全性・操作性に優れる全く新しいタイプの患者用チェアです。
凹凸や隙間、縫い目をなくした、今までにない背座一体型の座面形状は、日々の清掃を軽減し清潔に保てます。クッション部には医療用コーティングを施したインテグラルスキンフォームを採用し、耐アルコール、耐次亜塩素酸に対応しています。不意な座面回転を防ぐロック機構や握りやすく安定感のある肘形状で、安心安全な診察環境を提供します。
 製品ページ:https://www.itoki.jp/products/medi/pulizea/



■「レッドドット・デザイン賞」について
ドイツ・エッセンにあるノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが、1955年から開催している国際的に権威あるデザイン賞です。プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3部門で構成され、過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査されます。


【本リリースへのお問い合わせ先】
株式会社イトーキ お客様相談センター(フリーダイヤル) TEL 0120-164177
受付時間:9時~17時(土・日曜日・祝日・夏季休業日・年末年始除く)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イトーキ >
  3. Crossa(クロッサチェア)とpulizea(プリーゼア)が「レッドドット・デザイン賞2022」を受賞