世界のグリーンアンモニア市場ーサイズ調査、テクノロジー別(アルカリ水電解、プロトン交換膜、および固体酸化物電解)、エンドユーザー別(輸送、発電、および産業用原料),地域別予測2020 -2027年

世界のグリーンアンモニア市場に関するレポートは、2020年8月31日にKenneth Researchによって発刊され、2020〜2027年の予測期間の市場規模と成長をカバーしています。市場調査には、さまざまな要因と分析ツールに基づく製品の需要と市場の分析が含まれます。市場は予測期間中に重要なCAGRで成長すると予想されます。これは、世界規模でのエネルギーおよび電力業界の成長に起因する可能性があります。

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-green-ammonia-market/10328138
グリーンアンモニアの生産は、アンモニアを100%再生可能で炭素を含まないものにするプロセスです。天然ガスを原料として製造される従来のアンモニアとは対照的に、グリーンアンモニアは、太陽光/風力/水力を使用して発電します。グリーン燃料と大規模なグリーンエネルギー計画への投資の増加は、グリーンアンモニア市場を牽引しています。さらに、伝統的なアンモニア法による温室効果ガス排出量の削減に向けて政府の厳しさが高まっているため、グリーンアンモニアへの注目が高まっています。さらに、アンモニアは、肥料、染料、布地、爆発物、農薬など、複数の最終用途産業で広く使用されています。

グローバルグリーンアンモニア市場は、2019年に約955万米ドルと評価され、2020〜2027年の予測期間で53.90%以上の成長率で成長すると予想されています。

これらの産業でのアンモニアの広範な使用とグリーンアンモニアへの並行シフトが市場の成長を牽引しています。全世界では、全アンモニアの約72%が水蒸気改質プロセスにより天然ガスから作られています。これにより、高レベルの二酸化炭素排出を減らすことができます。ただし、グリーンアンモニアプラントのセットアップのためのより高い予備的資本要件は、2020年から2027年の予測期間にわたる市場の成長を妨げます。しかし、海上燃料としてのアンモニアの使用は、市場にとって有利な機会をもたらします。国際海事機関(IMO)2020プロトコルは、船内で使用される輸送油中の硫黄の制限を0.5%m / m(質量ベース)に引き下げました。これにより、高品質の船舶用燃料への移行がもたらされ、グリーンアンモニア市場に成長の機会がもたらされます。
 

 

 


米国エネルギー情報局によって記録された統計によると、太陽光発電と風力エネルギーへの投資は、米国で2010年から2018年にかけて約15%増加しました。業界でのこの増加した支出は、地域およびこのセクターでの企業調達の増加の結果として観察されると予測されています。レポートは、テクノロジー別(アルカリ水電解(AWE)、プロトン交換膜(PEM)、および固体酸化物電解(SOE))、エンドユーザー別(輸送、発電、および産業用原料)および地域別によって分割された市場セグメンテーションに基づいた市場に関する洞察を示しています。さらに、セグメントはさまざまなサブセグメントに区分され、市場でのパフォーマンスを示す情報で構成されています。


 主要企業
世界のグリーンアンモニア市場の主要なキープレーヤーはSiemens AG、thyssenkruppNel、MAN Energy Solutions、Green Hydrogen Systems、McPhy Energy、Electrochaea、Hydrogenics、ITM Power、Uniper、Yara Internationalなどです。主要な企業によって採用された戦略の詳細な分析が提供されます。

世界のグリーンアンモニア市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。北米は、アンモニアの広範な使用と厳格な政府規制により、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は2020〜2027年の予測期間で最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。化学物質生産の急増や再生可能エネルギー生産への注目の高まりなどの要因により、アジア太平洋地域のグリーンアンモニア市場に有利な成長展望が生まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10328138

世界のグリーンアンモニア市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界のグリーンアンモニア市場ーサイズ調査、テクノロジー別(アルカリ水電解、プロトン交換膜、および固体酸化物電解)、エンドユーザー別(輸送、発電、および産業用原料),地域別予測2020 -2027年