【マクセル アクアパーク品川】花びら舞う、桜の海でお花見を。SAKURA AQUARIUM Directed BY NAKED 2019年3月2日(土)~2019年4月21日(日)

天候や開花に左右されない、毎日が見頃の“SAKURAエンターテインメント”で、アクアパークならではの“最先端のお花見”を提案します。

『マクセルアクアパーク品川』(所在地:東京都港区高輪4-10-30品川プリンスホテル内、館長:藤森純一)は、2019年3月2日(土)~2019年4月21日(日)の期間、「SAKURA AQUARIUM Directed BY NAKED(サクラアクアリウム ディレクテッド バイ ネイキッド)」を開催します。
施設コンセプトの“音・光・映像と生きものの融合”を体現すべく、2015年冬より演出パートナーを組むクリエイティブカンパニー『NAKEDInc.』とともに展開するシーズナルイベントのひとつで、今回は、海の世界にデジタルアートで描き出す圧巻の桜景色の中で、イルカやペンギン、鮮やかな魚たちと一緒に、最先端のお花見をお楽しみいただけます。

古くから日本人に愛されてきた「桜」と「お花見」文化の人気は、今や国内のみに留まらず、開花時期には訪日外国人観光客が増加するなどグローバル化されつつあり、お花見市場の経済波及効果は「サクラノミクス」と称されるほどに注目度の高いシーズンマーケットとなりました。さらに、近年の“コト消費マインド”や、SNS流行による“セルフ演出ニーズ”の高まりが相まって、「お花見」のスタイルは、多種多様化しています。

そこで、当館では、立地や営業時間、演出設備などの施設特性を生かした“SAKURAエンターテインメント”を展開することでオリジナリティを創出し、新しいスタイルのお花見を提案いたします。
  • テーマは、「花びら舞う、桜の海でお花見を。」
最先端テクノロジーによって描かれる、繊細かつダイナミックな桜が、海の世界で満開に広がります。
エントランスでは、ペンギンのパフォーマンスとプロジェクションマッピングが融合した、“今回初”となるプログラム『お花見ペンギン』を開催、夜のドルフィンパフォーマンスでは、スタジアム型の会場が無数の花びらにつつまれる中、華麗に舞うイルカたちと唯一無二の“360度お花見体験”をお届けし、水槽展示エリアでも「サクラアクアリウム」をイメージした鮮やかな魚たちが“桜の海”を泳ぎます。また、お花見に欠かせない飲食メニューも充実させました。“三色団子”や“桜餅”などの和スイーツ、桜の花びらを浮かべたオリジナルドリンクなど、見た目にも華やかなラインナップは、館内のお持ち歩きも可能で、フォトジェニックな空間で撮影を楽しむ際に、お写真を彩るアイテムとしての役割も持たせます。

日本の玄関口・品川駅前という好立地、ナイトタイムも充実する営業時間22時までの屋内型施設という強みをもって展開する、「桜×海の世界」・「古き良き日本文化×デジタルアート」が織りなす“SAKURAエンターテインメント”。
このユニークコンテンツで、今春、アクアパークならではの最先端のお花見をお届けいたします。

 

「SAKURA AQUARIUM(サクラアクアリウム)」コンテンツ概要

TOKYO最先端エンターテインメント『マクセル アクアパーク品川』×クリエイティブカンパニー『NAKED Inc.』のコラボレーションで開催する春期イベント。「花びら舞う、桜の海でお花見を。」をテーマに展開する“SAKURAエンターテインメント”によって、近年、多種多様化する「お花見」文化に新しいスタイルを提案します。

  • 「桜×海の世界」という特別感。

満開の桜が海の世界に広がる、日常では決して見ることができない幻想空間です。

  • 「古き良き日本文化×デジタルアート」による、新旧が融合した最先端の美しさ。

日本古来の“和”の雰囲気が醸し出す美しさと、現代の日本が誇るハイクオリティなテクノロジーが融合して生まれる、新しい“SAKURA”の美しさをお届けします。

  • 曜日や時間、天候を問わず、気軽に楽しめる「アーバンお花見」。

【品川駅前の好立地】【22時までの営業時間】の中で、昼間や休日はもちろん、ふと思い立った平日の夜からのご来館も可能。快適な屋内で、天候や開花にも左右されないデジタルの桜をお楽しみいただけます。
 

1.展示ゾーン
  • エントランス 桜便り(さくらだより)

「桜便り」※イメージ「桜便り」※イメージ

はじめにゲストをお迎えするのは、桜のやわらかな色合いが空間をつつみこみ、春の訪れを告げるエントランス。
水槽には「サクラアクアリウム」をイメージした華やかな“サクラダイ”を展示します。水槽を囲む壁面の上部には、桜の枝を飾り、雅な雰囲気を創出。また、プロジェクションマッピングによって、壁一面に無数の桜花があふれ咲き、床面にも花びらが舞って、お足もとまで彩ります。
さらに、壁にはインタラクティブ映像を仕掛けてあり、“ゲストが触れた場所に花が咲いて浮かびあがり、そこから花びらが舞っていく”「桜遊び」をお楽しみいただけます。

 

  • カフェバー 花灯(はなあかり)

「花灯」※イメージ「花灯」※イメージ

発光サンゴの水槽が連なるカフェバーは、“花灯”(=満開の桜によって、ほの明るく感じられる夜)の幻想的な様子を表現し、夜桜のプロジェクションマッピング演出を施しました。
フロアに並ぶ水槽テーブルには“和傘”を設けて風情を添え、“伝統×デジタル”の融合空間を引き立てます。
また、“お花見”のお供として欠かせない飲食メニューには、味わいはもちろん、春らしく見た目にも楽しいラインナップをご用意しました。映像の仕掛けで、桜の花が咲いて浮かび上がるバーカウンターにて提供いたします。

  • クラゲ展示の大空間 Jellyfish Ramble(ジェリーフィッシュ ランブル)

「Jellyfish Ramble」※イメージ「Jellyfish Ramble」※イメージ

壁と天井が鏡面になっている、幅約9m×奥行約35mの大空間を活かし、7個の円柱水槽と全面クリスタルのシンボリック水槽でクラゲを展示するゾーン。天井のLEDライト(98個)と水槽の照明が連動しており、音楽に合わせてカラフルに空間を彩ります。
3分おきに、イベント毎に異なる季節プログラム演出(約5分間)があり、今回は、ピンクとブルーを基調に夜桜を表現した「SAKURA AQUARIUM」限定の幻想的なプログラムをお楽しみいただけます。
2.ドルフィンパフォーマンス
  • ドルフィンパフォーマンス(ナイトver.)桜語り(さくらがたり)

当館メインコンテンツの夜のドルフィンパフォーマンスは、MCを入れず、【「水」(ウォーターカーテン)】・【「音」(12.1chサラウンド)】・【「光」(ムービングライト、水中照明)】・【「映像」(プロジェクションマッピング)】などの最先端デジタルアートによって創り出す舞台で、イルカたちが美しく、そして力強く躍動する、唯一無二のパフォーマンス。

敢えてノンバーバルな要素をもって構成することで圧倒的な世界観を生み出し、また言語の障壁がないことで世界中の人にお楽しみいただけるエンターテインメントを実現しています。

「桜語り」※イメージ「桜語り」※イメージ

今回の舞台は、「花びら舞う、桜の海」。
“満開に咲き誇る”、“はらはらと儚く散る”、“吹雪のように舞う”など、桜がもつ様々な表情の美しさを描き、イルカたちの技と調和させながら、物語を紡いでいくパフォーマンス。
映像は、プール中央のウォーターカーテンを透過してスタジアム型の会場周壁にも映し出すことで、無数の桜が客席をつつみ込むように広がり、そこへデジタルサラウンドも連動して非現実の幻想空間へと誘います。
デジタルアート×桜×イルカたちが織りなす、唯一無二の“360度お花見体験”をお楽しみいただけます。

【開演時間】 19:00/20:30 (約15分間)
*プログラム展開*
三味線の音色にのせ、白枝がゆっくりと伸びていく映像からパフォーマンスが開演。その張り詰めた厳かな空気は、オキゴンドウの迫力のジャンプによって一瞬で変化します。BGMは軽快な和楽器の演奏に切り替わり、瞬く間に無数の桜が舞い上がります。花びらは風に流れるように会場をぐるりと回り、サラウンドも連動。イルカたちも多彩なパフォーマンスを繰り広げながら調和し、最後は、華やかな桜吹雪とイルカたちの全頭ジャンプで幕を閉じます。
  • ドルフィンパフォーマンス(デイver.)春くるくるり

「春くるくるり」※イメージ「春くるくるり」※イメージ

昼のプログラムは、会場一体となり、すべてのゲストにお楽しみいただける参加型パフォーマンス。今回は、“春がくる”喜びを表現するように、イルカたちとゲストの皆さまで“くるり”と舞う=“春くるくるり”をお届けします。
天窓からの自然光に照らされてきらめくウォーターカーテンがプール中央に降りそそぎ、やわらかな春の陽気を感じる空間で繰り広げるプログラム。和楽器の音色響くアップテンポのBGMにのせて、イルカたちがダイナミックなジャンプや愛らしいダンスを披露します。
ゲストの皆さまには、ご着席のままできる簡単な手振りでダンスにご参加いただき、一緒に盛り上がります。

【開演時間】 11:30/13:00/14:30/16:00/17:30 (約15分間)
 

3.その他
  • 特別展

「特別展」※イメージ「特別展」※イメージ

2階「リトルパラダイス」にある、9個の水槽群からなる企画展示ゾーンでも、「サクラアクアリウム」の開催に合わせた特別展を開催。“春”や“桜”をイメージした魚たちが集います。
壁面は、舞い降る桜と、壁の向こうに続く海をイメージしたプロジェクションマッピングで彩り、華やかでファンタジックな海の世界のお花見をお楽しみいただけます。

 

  • ナイトタイムを愉しむ、『品川プリンスホテル』との連動商品 TABLE9TOKYO×マクセルアクアパーク品川SAKURAセットプラン

「桜をイメージしたオリジナルカクテル」※イメージ「桜をイメージしたオリジナルカクテル」※イメージ

当館が位置する『品川プリンスホテル』のメインタワー最上階(39階/地上約140m)に、2017年12月にリニューアルオープンした360度パノラミックな景色を楽しめるダイニングバー『DINING&BARTABLE9TOKYO(ダイニングアンドバーテーブルナイントウキョウ)』。9つのダイニングとバーが融合し、“東京の食のエンターテインメント”を体感できる同レストランは、東京タワーを臨めるバーエリアを4:00まで営業し、国内外から多くのお客さまをお迎えしています。
今回は、22:00まで営業する当館をお楽しみいただいた後、同レストランにて、桜をイメージしたオリジナルカクテルなどを堪能できるお得なドリンクセットプランをご用意しました。都心のホテル水族館ならではのナイトタイム商品です。

【プラン概要】
内   容:  『マクセル アクアパーク品川』入場券
                     『DINING & BAR TABLE 9 TOKYO』1ドリンク
料   金:  4,500円 
                     ※消費税・サービス料・チャージ料(TABLE9TOKYO)を含む
   販売時間:    18:00~21:00
   販売場所:   『マクセル アクアパーク品川』(1階:チケットセンター)

※ご利用は、20才以上の方に限ります。
※『TABLE9TOKYO』のお席は、バー・ラウンジのいずれかへのご案内となります。
※ドリンクはメニューからお選びいただけます。
 

4.基本情報
  • 施設概要
マクセルアクアパーク品川は、2015年7月、“音・光・映像と生きものの融合”をコンセプトにグランドオープン。
日本が誇る精巧技術を駆使することで、海の世界に、四季折々、さらに昼夜で異なる美しさが広がる可変的な演出が実現しました。「エンターテインメントの要素を通じて、海の生きものたちの躍動や魅力を伝えたい」という思いをコンテンツに体現し、近年「観光立国」として発展し続ける日本の玄関口・品川駅に位置する「都市型水族館」として、国内のお客さまにとどまらず、海外へ向けても発信しています。現在は、グループメリットを活かし、プリンスホテルの海外拠点と連動したセールス&プロモーションによる招致活動や、インフォメーションやツールの多言語対応の整備により、受け入れ態勢の充実化を行っています。
インバウンドの誘客目標は、東京オリンピックイヤーとなる2020年度で20万人。ハイクオリティで日本一美しく、そして言語の障壁なく快適にお楽しみいただける水族館として、世界の人々に認知され、愛されるTOKYO最先端エンターテインメントを目指します。
  • 営業概要
■営業時間
    イベント期間【2019年3月2日(土)~2019年4月21日(日)】
    10:00~22:00※最終入場は、閉館時間の1時間前です。

■入場料金

   ※アトラクション【2機種】は、別途:各500円(1回)となります。

■お客さまからのお問合せ
『マクセル アクアパーク品川』〒108-8611東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
TEL:03-5421-1111<音声ガイダンス>
URL:www.aqua-park.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 横浜八景島 >
  3. 【マクセル アクアパーク品川】花びら舞う、桜の海でお花見を。SAKURA AQUARIUM Directed BY NAKED 2019年3月2日(土)~2019年4月21日(日)