クルマ購入の情報収集は「メーカー系ディーラー」が最多 購入時の重視項目に「メーカー」をあげる人も増加

パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「クルマの購入」に関するアンケート結果を発表いたします。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
調査結果トピックス
① クルマ購入時の情報収集先は「メーカー系ディーラー」が61.7%で最多
② 72%が「メーカー系ディーラー」でクルマを購入
③ クルマ購入時は「価格」を最も重視
④ 購入予算は「150万円以上200万円未満」が17.2%で最多
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

パーク24は、毎月9日に、クルマの運転や交通に関するアンケートの調査結果を発表しています。今月の「クルマの購入」についてのアンケート結果詳細は以下の通りです。
※ 入会金・年会費無料の会員制ポイントプログラム。タイムズ駐車場やタイムズカープラスの利用等でポイントがたまる他、会員限定サービス等を提供。会員数約669万人(2018年1月末現在)

① クルマ購入時の情報収集先は「メーカー系ディーラー」が61.7%で最多

 クルマ購入時の情報収集先は「メーカー系ディーラー」が61.7%でトップ、前回より13.7ポイント増となりました。前回トップだった「web」は57.1%で2位、以降「知人」が21.1%、「中古車ディーラー」が19.0%でした。
 「雑誌」は前回3位だったのに対して今回は5位、スコアも8.0ポイント減となっています。自動車雑誌に限らず、雑誌の購読者が減少傾向にあること、紙雑誌から電子雑誌への移行が進んだこと等が影響していると思われます。
 「雑誌」と「テレビ」以外は前回よりもスコアが高くなっており、複数から情報を得る人が多くなっているようです。
※2016年3月9日当社配信リリース「クルマの購入に関するアンケート」
http://www.park24.co.jp/news/2016/03/20160309-1.html

  
 ②72%が「メーカー系ディーラー」でクルマを購入
 
クルマの購入先としては、「メーカー系ディーラー」が72%、「中古車ディーラー」が19%、「知人」が5%、「web」が2%で、傾向は前回と同様となりました。
 「その他」では、「オークション」や「決めていない」などが挙げられました。

 年代別では、年代が高いほど「メーカー系ディーラー」のスコアが高く、40代以上では7割を超えています。
 30代以下では「メーカー系ディーラー」のスコアが7割未満となる一方、「中古車ディーラー」は2割を超え、40代以上より高いスコアとなっています。

③クルマ購入時は「価格」を最も重視
 
クルマ購入時に重視することは、「価格」が82.1%で最多、以降「性能」が69.9%、「デザイン」が67.3%、「メーカー」が50.6%と続いています。傾向に前回との違いは見られませんでしたが、すべての項目で前回を上回るスコアとなっており、中でも「価格」は前回比12.2ポイント増、「メーカー」は同15.4ポイント増と他の項目よりも伸びが目立ちました。
 「その他」は、「燃費」や「サイズ」、「マニュアル車であること」などでした。

④購入予算は「150万円以上200万円未満」が17.2%で最多
 
クルマの購入予算は、「150万円以上200万円未満」が17.2%で最も多く、次いで「100万円以上150万円未満」「250万円以上300万円未満」が16.3%となりました。購入予算についても、傾向に前回との大きな違いは見られませんでした。

 男女別では、男性は「250万円以上300万円未満」が16.8%でトップであるのに対して、女性は「150万円以上200万円未満」が最多の20.5%でした。200万円以上の全選択肢のスコアにおいて男性が女性を上回るとともに、「200万円未満」のトータルスコアでは、男性が41.5%、女性は52.2%となる等、クルマの購入予算は女性のほうが低くなっています。
 また、女性は「100万円以上150万円未満」「150万円以上200万円未満」のスコアが突出して高くなっている一方、男性は「100万円以上400万円未満」の選択肢においてスコアのバラツキは見られませんでした。

 今回のアンケート結果から、購入予算は前回と変わりないものの、より多くの情報媒体から、より多くの項目に注目してクルマの購入を検討するようになっていることがわかりました。

 レンタカーやカーシェアリングには、多くの車種がラインアップされており、これらのサービスを利用することでお目当てのクルマの試乗や乗り比べが可能です。
 パーク24グループでは、レンタカーやカーシェアリングで使用していたクルマをインターネットで販売しています。2018年3月1日からは一部エリアで、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」において、気になるクルマを予約し、試乗してからの購入が可能なサービスを開始しています。
 レンタカーやカーシェアリングを活用して、満足度の高いクルマ購入を実現してみてはいかがでしょうか。
【タイムズカーの販売】https://used.timescar.jp/

■調査概要
調査対象:タイムズクラブ会員
(2017年12月4日以降に入会し、直近でタイムズ駐車場・B-Times・タイムズカープラス・タイムズカーレンタルを利用された方)
調査方法:非公開型インターネットアンケート
調査期間:2017年12月4日~2017年12月10日
有効回答者数:8,540名

-----------------------------------------------------------
【サービス】
・カーシェアリングなら「タイムズカープラス」
http://plus.timescar.jp/

・レンタカーなら「タイムズカーレンタル」
http://rental.timescar.jp/

・駐車場をお探しなら「タイムズ駐車場検索」
http://times-info.net/

・ポイントがたまる「タイムズクラブ」
https://www.timesclub.jp/
-----------------------------------------------------------
  1. プレスリリース >
  2. パーク24株式会社 >
  3. クルマ購入の情報収集は「メーカー系ディーラー」が最多 購入時の重視項目に「メーカー」をあげる人も増加