スキンケア意識が高いタイ、日本産で男性用のスキンケア用品が求められている~東南アジア男性のスキンケア実態調査【使用・購買編】~

日本では肌悩みがない人が多いが、タイでは30・40代で脂性肌に悩む人が多い

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、日本と東南アジア諸国(インドネシア・タイ・フィリピン・ベトナム・シンガポール・マレーシア)に在住する20~40代男性に「東南アジア男性のスキンケア実態調査【使用・購買編】」を実施し、その結果を7月6日に公開しました。
※調査日は2022年5月11日(水)~5月20日(金)です。


【 調査結果 】
昨今、女性のスキンケア市場が頭打ちだといわれる中、男性のスキンケア市場が注目を集めています。国内において、男性向けのスキンケア市場は拡大の一途をたどっており、コロナ禍でも市場規模は拡大していると言われています。「メンズエステ」というキーワードもGoogleトレンドにおける検索人気度が5年前と比べ3倍程度も伸長しており、まさに男性のスキンケア意識が高まっている証拠だと言えるでしょう。
日本国内において右肩上がりの男性スキンケア市場ですが、海外における男性のスキンケア事情はどうなっているのでしょうか?日本と東南アジア諸国(インドネシア・タイ・フィリピン・ベトナム・シンガポール・マレーシア)の男性のスキンケア実態を比較し調査を実施しました。
今回は【使用・購買編】とし、スキンケア実態とともに、スキンケア商品の使用・購買に関する実態について公開しています。

< トピックス >
  • 日本では肌悩みがない人が多いが、タイでは30・40代で脂性肌に悩む人が多い
  • 日本では化粧水を使う人がいる程度だが、タイではクリームを中心に幅広くスキンケア用品が使用されている
  • 日本では男性用・女性用にこだわりがないが、タイでは男性用のスキンケア用品が求められている
  • タイの20・30代では、SNSを使ったスキンケアに関する情報収集・投稿頻度が高い

※調査結果のダウンロードはこちら
https://www.asmarq.co.jp/data/southeast-asia-male-2/

< ピックアップ >
■肌質
Q.あなたの肌質をお知らせください。(1つ選択)

肌質を国別でみると、日本、インドネシア、フィリピン、マレーシアは「普通肌」、ベトナムは「脂性肌」が多い。
タイ、シンガポールは、20代は「普通肌」、30代・40代は「脂性肌」が多い。
 

肌質肌質



■身だしなみ・スキンケアの頻度(化粧水/ローション)
Q.あなたは以下の身だしなみ・スキンケアをどのくらいの頻度で行っていますか。(それぞれ1つずつ選択)【化粧水/ローション】

日本は他の国と比較して、化粧水をしない人が多い。日本以外の国では、半数以上がケアを行っており、特にタイは1日1回以上ケアを行っている人が多く、他の国と比較して突出している。
日本、マレーシアは年代が下がるほどケアを行っている人が多く、シンガポール、ベトナムは30代で、ケアを行っている人が多い。
 

身だしなみ・スキンケアの頻度(化粧水/ローション)身だしなみ・スキンケアの頻度(化粧水/ローション)



■身だしなみ・スキンケアの頻度(クリーム)
Q.あなたは以下の身だしなみ・スキンケアをどのくらいの頻度で行っていますか。(それぞれ1つずつ選択)【クリーム】

日本以外の国では、およそ3割以上が「1日1回以上」クリームでのケアを実施している。特にタイの20・30代で実施率が高い。
日本はどの年代もクリームでのケアを実施していない人が多数。
 

身だしなみ・スキンケアの頻度(クリーム)身だしなみ・スキンケアの頻度(クリーム)



■男性用・女性用スキンケア製品の使用意向(クリーム)
Q.あなたは、女性用と男性用、どちらのスキンケア製品を使用したいと思いますか。(それぞれ1つずつ選択)【クリーム】

日本とマレーシアで「どちらでもよい」が、他の国は「男性用」の使用意向が高い。
ベトナムは「女性用」も他の国と比べて高い。
 

男性用・女性用スキンケア製品の使用意向(クリーム)男性用・女性用スキンケア製品の使用意向(クリーム)



■国別スキンケア製品購入意向
Q.【TOP2】あなたは、以下の国のメーカーのスキンケア製品を、どの程度購入したいと思いますか。

日本以外の国では、「日本」「韓国」が人気で「中国」が低い。また、自国製の購入意向も高い。
日本のみ、「日本」が突出しており、他の国は低い。
 

国別スキンケア製品購入意向国別スキンケア製品購入意向



■SNSでスキンケアの情報収集をする頻度
Q.あなたのSNSの利用についてお伺いします。あなたは、SNSでスキンケアに関する情報収集や発信をどのくらいの頻度で行っていますか。(それぞれ1つずつ選択)【情報収集】

日本はSNSをやっていない人が多く、やっていたとしても「スキンケアの情報収集をしない」が多数を占めるが、他の国では、SNSでの情報収集率が高い。特に、タイ、フィリピン、ベトナムの20・30代は高頻度で情報収集をしている。
 

SNSでスキンケアの情報収集をする頻度SNSでスキンケアの情報収集をする頻度



【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/data/southeast-asia-male-2/
※上記ページにて、集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 関連 】
「東南アジア男性のスキンケア実態調査【生活実態編】」の調査結果はこちら
https://www.asmarq.co.jp/data/southeast-asia-male/

【 調査内容 】
  • 肌質
  • 肌悩み
  • 肌悩みへの対処
  • 身だしなみ・スキンケアの頻度(カテゴリ別)
  • スキンケアアイテム購入場所
  • スキンケア用品購入価格
  • スキンケア製品購入の決め手TOP3
  • スキンケアに関する商品情報入手経路
  • 使用アイテムの男性用・女性用について
  • 男性用・女性用スキンケア製品の使用意向
  • 国別スキンケア製品購入意向
  • SNSでスキンケアの情報収集をする頻度
  • SNSでスキンケアの情報を投稿する頻度
  • SNSで自分の顔やファッションを投稿する頻度

【 調査概要 】
調査名  :東南アジア男性のスキンケア実態調査【使用・購買編】
調査対象者:20-40代男性
日本、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、シンガポール、マレーシアのいずれか在住者
有効回答数:2,100サンプル
割付   :年代・在住国均等
調査期間 :2022年5月11日(水)~5月20日(金)
調査方法 :Webアンケート
調査機関 :株式会社アスマーク
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アスマーク >
  3. スキンケア意識が高いタイ、日本産で男性用のスキンケア用品が求められている~東南アジア男性のスキンケア実態調査【使用・購買編】~