【JBL75周年モデル第3弾】最新の音楽ストリーミングからTVサウンドまであらゆる音を部屋中に満たすインテグレーテッド・ミュージックシステム「L75ms」登場

モダンクラシックなデザインに多彩な機能と高音質を凝縮

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:前井利夫)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー4年連続販売台数No.1※1 に輝く「JBL」より、モダンクラシック・デザインを採用した外観に高品質なワイヤレスおよび多彩な有線接続を搭載したJBL創立75周年記念モデルの第3弾となるインテグレーテッド・ミュージックシステム「JBL L75ms」を2022年3月下旬より発売いたします。

「JBL L75ms」は、2021年にブランド創立75周年を迎え、その長い歴史の中ですでに世界中で高い評価を得るJBLのサウンドパフォーマンスを犠牲にすることなく、最新の音楽ストリーミングサービスから従来のアナログレコードまで、すべての音楽ソースをより手軽に楽しむことをコンセプトに、アメリカ カリフォルニア州ノースリッジに拠点を構えるJBLサウンドラボにおいて設計・開発された“All–in-One”ミュージックシステムです。

ワイヤレス接続ではBluetoothはもちろん、Apple Airplay2※2、Google Chromecast※3にも対応。さらに独自の「Music Life」アプリを使用すれば、UPnPでローカルネットワーク上にある高解像度音楽ファイルの再生も可能。高性能なワイヤレスストリーミングスピーカーとしてさまざまな音楽コンテンツを快適に再生します。また、有線接続ではφ3.5mm AUX入力に加え、アナログレコード再生用のフォノ入力(MM)を装備。さらにはHDMI(ARC)端子を備えているため、テレビと接続すればサウンドバーのように映画やテレビ番組も見違えるような高品位なサウンドで楽しむことが可能です(2ch PCMのみ)。

スピーカーユニットは、133mm径ウーファー2基、25㎜径ツイーター2基、100㎜径ミッドレンジを組み合わせた5ユニット構成。マルチアングルバッフルに配置されたそれらの各ユニットをそれぞれ独立したDSP制御およびパワーアンプ駆動によってドライブします。さらに独自の「サウンドフィールド・エキスパンダー」技術により広く均一な音場を作り出し、1ボックスシステムからは想像もできない迫力のJBLサウンドで部屋中を満たします。

プロダクトデザインはすでに世界中のオーディオファンから高い評価をいただいている「JBL L-Classic」シリーズを踏襲、ウォールナット天然木突板仕上げのキャビネットとマグネットによる着脱式を採用した個性的なQuadrexフォームグリルを採用、モダンクラシックなデザインを高品質に実現しています。

タイムレスなモダンクラシック・デザインを採用した「JBL L75ms」で、すべての音楽コレクションをJBLならではの高音質なサウンドでより手軽に、より快適にお楽しみください。

【外観】


【特徴】
●JBL75周年記念モデル、「L100 Classic 75」、「SA750」に次ぐ第3弾モデル
●ハイパフォーマンスな“All-in-One”インテグレーテッド・ミュージックシステム
●133㎜径ウーファー2基、25㎜径アルミドーム・ツイーター2基、100mm径センターミッドレンジを組み合わせた2ウェイ・5ユニット構成
●音響工学に基づき、自然な広がりを創り出す「マルチアングルバッフル」設計
●各スピーカーユニットをDSPで個別に制御、的確にドライブするアクティブ5チャンネルシステム
●総合350W(LF:125W×2 / HF:25W×2 / MF:50W×1)の出力を誇るハイパワーマルチチャンネルアンプ内蔵
●明瞭なセンターイメージと自然な音の広がりを両立する独自技術「サウンドフィールド・エキスパンダー」搭載
●設置場所により低音の調整を切り替えることができる「バス・コンター」機能搭載
●Bluetoothワイヤレス接続に加え、Chromecast※3およびAirplay2※2による高音質ワイヤレスストリーミングも対応
●レコード再生用フォノ(MM)入力を装備
●テレビとも接続可能なHDMI(ARC)端子を装備
●ウォールナット天然木突板仕上げとマグネット装着式Quadrexグリルを採用
●付属のBluetoothリモコンと独自の「MusicLife」アプリによる快適なリモート操作を実現

【主な仕様】

製品名:JBL L75ms
タイプ:インテグレーテッド・ミュージックシステム
ユニット:LF:133mm径ピュアパルプコーン・ウーファー×2
     HF:ウェーブガイド付25mm径アルミドーム・ツイーター×2
     MF:100mm径ピュアパルプコーン・センターミッドレンジ×1
アンプ出力:総合350W(LF:125W×2 / HF:25W×2 / MF:50W×1)
ワイヤレス入力:Wi-Fi、Bluetooth(v4.2)
有線入力:HDMI(ARC)、φ3.5mm AUX、RCA Phono(MM)、Ethernet
出力:サブウーファー出力(RCA)×1
対応コーデック:AAC/AIFF/ALAC/DSD(PCM変換)/FLAC/MP3/OGG/WAV/WMA
対応サンプリングレート:32kHz/44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz
周波数特性:45Hz – 25kHz(-6dB)
外形寸法:W790×H216×D287mm
重量:15.9kg
付属品:Bluetoothリモコン、電源ケーブル
発売日:2022年3月下旬
標準価格:198,000円(税込)

※仕様、価格は変更となる場合がございます。

※1全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2022」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を4年連続で獲得しました。
※2 Apple Airplay2は、Apple Inc.の商標です
※3 Google Chromecastは、Google Inc.の商標です。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG®、Harman Kardon®、Infinity®、JBL®、 Lexicon®、Mark Levinson®、Revel®を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍しています。


お客様のお問い合わせ先
ハーマンインターナショナルコールセンター
Tel:0570-550-465
https://www.harman.com/Japan

JBLオンラインストア
・ブランド公式サイト:https://jp.jbl.com/
・楽天市場:https://www.rakuten.ne.jp/gold/jblstore/
・PayPayモール店:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/jblstore
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハーマンインターナショナル株式会社 >
  3. 【JBL75周年モデル第3弾】最新の音楽ストリーミングからTVサウンドまであらゆる音を部屋中に満たすインテグレーテッド・ミュージックシステム「L75ms」登場