ティファニー、20年以上にも及び牽引してきたサステナビリティの取り組みを記念し、2025年に向けた「サステナビリティ・ゴール」を発表。

ティファニーは持続可能な未来のため、商品、人材、プラネットという三つの柱を通しての意欲的な取り組みを決定しました。

ニューヨーク(2020年9月)ティファニーは、今後のサステナビリティ対策の優先事項を明らかにする大胆なロードマップ、2025年までの達成を目指す「サステナビリティ・ゴール」を、今回で10回目となるサステナビリティレポートとともに発表いたします。

2025年「サステナビリティ・ゴール」は、ティファニーが社会・環境に与えているプラスおよびマイナスの影響を精査した結果に基づいており、国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)に沿って練り上げられました。

ティファニーのチーフ・サステナビリティ・オフィサー、アニサ・カマドリ・コスタは次のように語ります。「ティファニーのサステナビリティ・ゴールは、北極星の役目を果たし、今後、私たちがたどるサステナビリティの旅路の導き手となってくれます。サステナビリティの取り組みにおいてリーダーシップを維持するためのハードルは高くなる一方であり、私たちも過去の栄光にあぐらをかいて慢心してはなりません。私たちの行動指針となり、人々と地球にポジティブなインパクトを与えるためにはどのような方向で努力を継続すべきかを示してくれる強力なプランを備えることは極めて重要です」

2025サステナビリティ・ゴールのハイライト
□商品 - ティファニーは、自社製品がたどるすべての過程(プロダクトジャーニーの全ステップ)が人と地球のウェルビーイングに貢献できるよう努めます。そのために、

o    2025年までに、個別に登録されたダイヤモンドを採掘された鉱山もしくはサプライヤーの認定鉱山までさかのぼり追跡できる100%トレーサビリティを実現します。

o    2021年までに、私たちのジュエリーに使われるすべてのゴールド、シルバー、プラチナを鉱山もしくはリサイクル業者までさかのぼって追跡できる100%トレーサビリティを実現します。

o    2025年までに、私たちの次世代サステナブル・マテリアル・ガイダンスに沿った責任ある調達を、製品、パッケージ、ストアインテリアに使われる主要原料・資材のすべてについて実現します。

 
□人材 - 私たちは多様性を重視し、包括性の高い職場環境を作り出し、従業員、お客様、地域社会にポジティブな影響を与えることができる事業発展に努めます。そのために、

o    2025年までに、最も包括性の高いラグジュアリーブランドとなり、主要マーケットにおいて消費者からそのように認知されることを目指します。

o    2025年までに、米国におけるティファニーのマネジメントレベルの民族多様性が、米国の労働人口の構成をより忠実に反映できるよう努めます。

o    2023年までに、マネジャー以上の職責を担う者全員が、リーダーシップ開発プログラムへの参加経験を持つことを目指します。

 
□プラネット - ティファニーは、気候の変動と保全に関する大胆なアクションを起こすことで、自然保護に積極的に取り組みます。そのために、

o    2025年までに、温室効果ガス(GHG)正味排出量ゼロ(ネットゼロ)を達成し、気候変動への対応性を高めます。

o    2021年より、新たな建築、増築、改装、内装の主要な環境性能が漏れなくLEED認証でシルバー以上のランクを達成できるようにします。

o    2025年までに、パッケージおよび付随包装資材における、使い捨てのプラスティックの使用をゼロにします。

 
ティファニーは、ポジティブな変化をもたらして業界の未来を築くという強い意欲をもって、サステナビリティ推進に取り組むラグジュアリーブランドのトップランナーであり続けます。今年はまた、ティファニー財団設立20周年の節目にあたります。世界の貴重な海景や景観を保護することで人々を勇気づけている団体・組織への支援を使命とする同財団は、2000年より世界各地の非営利団体に総計8500万米ドル超を助成しており、現在では、責任ある鉱物採掘、珊瑚と海洋環境の保全に重点を置いています。

ティファニーは、サステナビリティの進展に関するレポートを定期的に、かつ透明性を確保して提供することを約束しています。これは、持続可能な発展を目指す私たちのパフォーマンスに関する情報にすべてのステークホルダーがアクセスできるためのメカニズムです。第一回のサステナビリティ・レポート以来、ティファニーはこの10年間、パフォーマンス計量分析の部分的監査をプライスウォーターハウスクーパースLLPに託し、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)および国連グローパル・コンパクト(UNGC)の指針に則って報告を行っています。

私たちのサステナビリティへの取り組みについての詳細は、tiffany.com/sustainabilityでご覧いただけます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク >
  3. ティファニー、20年以上にも及び牽引してきたサステナビリティの取り組みを記念し、2025年に向けた「サステナビリティ・ゴール」を発表。