『脱炭素経営の推進-いま取るアクションを考える』に登壇~自家消費型太陽光発電による施設のエネルギー効率化に関する講演を実施~

 太陽光発電開発事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役 社長執行役員:木下公貴、本社:大阪市中央区)は、2020年8月7日(金)にオンライン開催される環境ビジネスフォーラム『脱炭素経営の推進-いま取るアクションを考える』に協賛し、自家消費型太陽光発電による施設のエネルギー効率化に関する講演を行います。
【環境ビジネスフォーラム『脱炭素経営の推進-いま取るアクションを考える』概要】
 本フォーラムでは、脱炭素経営に関する世界の潮流や国内の法制度、政策の動向を把握しながら、先進企業の取組みや、 それらをサポートするサービス、システムの紹介などを行います。脱炭素経営における今後の投資計画や具体的なアクションに活用できる内容となっています。
【講演プログラム(予定)】
  1. 11:00~11:50 「脱炭素と再エネ主力電源化」
    国際大学 教授、東京大学・一橋大学 名誉教授 橘川 武郎 氏
  2. 12:50~13:40 「分散型太陽光発電による脱炭素ソリューション 工場・施設の生産性向上とエネルギーの効率化で注目される太陽光発電システム」
    エコスタイル 経営戦略推進部 副部長 矢島 昌樹
  3. 13:40~14:30 「トヨタの工場CO2 ゼロチャレンジと再エネの有効利用」
    トヨタ自動車 環境部 部長 山戸 昌子 氏
  4. 14:45~15:35 「ファーウェイ 新型蓄電システムで脱炭素化を加速」
    ファーウェイ・ジャパン デジタルパワー事業部 佐藤 英也 氏
  5. 15:35~16:25 「エネルギー政策の方向性-脱炭素社会に向けたイノベーションの促進」      経済産業省 資源エネルギー庁 戦略企画室 室長 西田 光宏 氏
▼自家消費型太陽光発電による脱炭素ソリューション「太陽でんき」HP
https://selfconsuming-solar.com/

【エコスタイル × SDGs】

 当社では事業活動を通じてSDGsの達成に貢献することを目指しております。永続的に利用できる再生可能エネルギーを普及・促進させることで、次世代のために環境を守る義務と責任を遂行します。
( 7 ) エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
( 9 ) 産業と技術革新の基盤をつくろう
(11) 住み続けられるまちづくりを
(13) 気候変動に具体的な対策を

【会社概要】
■株式会社エコスタイル

所在地 大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル3階
東京本部:東京都中央区八丁堀3丁目14番2号 東八重洲シティビル2階
設立 2004 年10 月5 日
資本金 605百万円
代表者 代表取締役 社長執行役員 木下 公貴
事業内容 投資型太陽光発電事業
自家消費型太陽光発電事業
電力小売事業
太陽光発電事業
実績 11,724件・550.2MW(2020年7月末日時点、太陽光発電開発施工実績)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エコスタイル >
  3. 『脱炭素経営の推進-いま取るアクションを考える』に登壇~自家消費型太陽光発電による施設のエネルギー効率化に関する講演を実施~