【ルイ·ヴィトン】建築家フランク·ゲーリーとのコラボレーションによる新フレグランス·コレクション「レ·ゼクストレ コレクション」が誕生

10月7日(木)より、フラッグシップストアをはじめとする全国10ストアにて発売。

©Florian Joy©Florian Joy

©Florian Joy©Florian Joy

Louis Vuitton presents Les Extraits Collection

「私は、誰も足を踏み入れなくなった領域に思い切って飛び込んでみたいと思ったのです。エクストレ・ドゥ・パルファンを現代的に再解釈したい。光をもたらし、何層にも香りを重ねながらも、それと同時に軽やかさも描きたいと。パフュームの基本となるクリエーションそのものを解体したいと考えたのです。その考えに基づいて誕生したのが、『レ・ゼクストレ コレクション』──トップノート、ハートノート、ベースノートをなくすことで、各香調の真髄を浮かび上がらせた5種類のフレグランスです」。

ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード

「彫刻的な観点からこのプロジェクトにアプローチするというのが私の意図でした。パフュームに、これまでとは違う何かをもたらすために。幾何学的に完成された形状ではなく、動きそのものです。視覚に訴える動きであり、一瞬を切り取ったゆえの妙味が加わっています」。

フランク・ゲーリー

©Florian Joy©Florian Joy

類い稀なる旅
「レ・ゼクストレ コレクション」
自分の本質に向き合うために、岸辺を離れるヨットのように遠ざかり、円弧を描いて戻ってくる。
パフュームは、オーラとなる。目的地は定めず、束縛から解き放たれて時間の中に浮かんでいるような静けさに包まれた旅に身を任せる。
香りが立ち昇る時、輝かしい波が彫り上げる形を取る。
エクストレは、斬新で豊饒な記憶で一瞬を満たす。
記憶は息を呑み、通り過ぎる夢の影である澄んだ紺碧が張り詰めた緊張感をもたらす。
五感は極端なまでに慎ましく徹することで無限を約束する。
視覚、触覚、嗅覚。
嗅覚を担ったのはジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード。
そして、視覚を担ったのはフランク・ゲーリー。

フランク・ゲーリーとジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードを結び付けたのは、同じ状態に留まらない無常の中に永遠を、普遍性の中に独自性を探求する想い。それぞれが独自の手法で、永遠の枠組みのなかで動きを讃え、直線と曲線の間にある調和を賛美し、「美」を形にしていく緊張感を称揚しました。混じり気のない感動。ボトルの丸みが、絶妙な調香──香りの息遣い──の真髄と出逢い、つまり素材であるガラスとパフュームのエスプリが1つになりました。

©Florian Joy©Florian Joy

「レ・ゼクストレ コレクション」は、パフューマーという天職を追求するエスプリの結晶です。肌の表面に触れた時のセンセーションを、主要な5つの香調が持つ特徴をなめらかにすることで詳らかにしました。自由、絶対的な動き、生命の息遣い、留まることのない自然の移り変わりへの賛歌として誕生した新作フレグランス・コレクションです。

素材の本質に迫る、感動に触れる、生命の息遣いを捉える。エクストレへと凝縮することで、香りを解き放つ。一切の束縛を受けずに──空間も重力も存在しないかのように──香りが花開くように導く。

「私は、美に対して節制を求めるということはしません。パフュームは、自分だけで味わう喜び、そして他者と共有する喜びのひとときを作り出します。他者に、そして自分に向けた愛の行為なのです。断絶を避けつつ革命を引き起こす、ジャスミンを用いてタバコのノートを、アンバーを使ってティーのノートを創り出す、そしてイリュージョンに満ちた世界を創造する、これが私のスタンスです。フランク・ゲーリーと私は、バランスとなりうるアンバランスやコントラストを作り出したい、両立は不能と思われるものを結ぶ線を引きたい、という願いを共有しています。過去の積み重ねを否定することなく革新する、という想いです」。
 

 

ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード

©Florian Joy©Florian Joy

生まれ変わったエクストレ・ドゥ・パルファン
「エクストレの概念を刷新するためには、原材料を厳選し、その根源的な真実の表出を引き出すことが重要です。それは、必要のない虚飾を取除き、耳の後ろにつけるプレシャスな一滴が持つ誘惑のパワーとの結び付きを深めることを意味します。エクストレはパフュームのシルエットであり、パフュームの真髄を表現する手段なのです」。
ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード

パフュームの聖地であるグラースで生まれ育ったジャックは、「私は香りを体験する前に、どのようなものであるかを想像します」と語ります。ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマーを務めるジャックは、「レ・ゼクストレ コレクション」の調香を通じ、感受性を極限にまで押し上げ、クラフツマンシップ、伝統、現在進行形の新たな歴史の真髄を、5つの調香の中に凝縮しました。ジャックが子供の時に発見した、甲乙つけがたく重要な5つの香りの世界に呼応する、5つのフレグランスです。たった9歳で「僕はパフューマーになる」と両親に宣言したジャックには、子供時代に覚えた香りの地図が今でもくっきりと記憶に刻まれています。ジャックにとって、今回の5つのフレグランスは、これまでのキャリア構築を支えてくれた人々への賛辞でもあります。マスター・パフューマーとなっても驚嘆を求めてやまないジャックは「レ・ゼクストレ コレクション」について次のように語ります。「感動の深化です。言い換えると、キャラクターの深化です。周囲に心地良さを感じさせながら肌の上で持続する、パフュームに内在している本質です。重さを感じさせることなく認識してもらえる本質です。私はいつでも、原材料の中に何かしら驚きを発見します。アコードを考える時は、永遠に美しい何かを明かすことに努めます。近代のツールを使って香り成分を抽出することで、そよぐ風を表現したり、不明瞭すぎると思われる何かに光を当てたりできるのは、私にとって幸運な限りです」。

「私は、パフュームの主要な香調を見直したい、と考えました。ひねりを与え、広がりを持たせ、幾つかの側面を強調し、ピュアな美しさを明かすためです。フローラル系、シプレー系、アンバー系といった香調を見直すたびに、動きや、丸みを帯びた心地良い形を創り出すことができるのです。私は、持続性のある瑞々しさ、官能的だが重くはない香りを考案したいと思ったのです」。
ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード

トップノート、ハートノート、ベースノートといった区別がなく、香りによって引き延ばされ丸みを与えられた円柱のような5つのフレグランス。線、光、動きが溶け合って生み出されるピュアなセンセーション。クラシカルでタイムレス。

泡立つ海水を切り分けて進むスイマーのように、空気を伝う香りのピュアな波動。ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマーであるジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、この波動のエスプリを抽出しました。それは5つのエクストレ・ドゥ・パルファンからなる香りのパレットを通して、天上の音楽のようなそのリズムを讃えるために──

©Florian Joy©Florian Joy

彫刻によるオデュッセイア:フランク・ゲーリーがデザインしたボトル
現在の建築界をリードする最も偉大なマスターの1人であるフランク・ゲーリーにとって、フレグランスボトルをデザインしたのは今回が初めてです。それだけに、これまでの人生経験の真髄──建築家としてのエスプリ、彼のシグネチャーである曲線のエッセンス──を濃縮した作品にしたい、という想いはひとしおでした。

動きを表現する作者の才能は、一切の束縛を受けずに空間に広がる形状として凝縮されました。ある意味で、フランク・ゲーリーのセーリングに寄せる熱い思いが表明された、とも言えます。「海などで帆走している時は、舵を取っているスキッパーと風、そして風が作り出す視覚的印象の間に非常に親密な関係が生じる。帆は優しく動き、空気は動き、スキッパーはひたすら態勢を保とうとする。動きはありますが、レーシングカーの場合とは質が異なる」。
フランク・ゲーリー

マーク・ニューソンがデザインしたオリジナルのボトルを出発点として、フランク・ゲーリーはラインに変更を加え、広がりを持たせました。彼の手が加わったことで、ストレートラインは楕円となり、曲線は円弧を描き、ついには空間の裂け目をかすめて進む透明な帆を連想させるまでになりました。そしてまるで布地のようにアルミニウムのシートに皺を寄せ、キャップをデザインし、ルイ・ヴィトンのモチーフは、手作業で研磨されたこの軽やかなキャップの内側に刻印されました。

ルイ・ヴィトンの類い稀なサヴォアフェール(匠の技)は、あらゆる種類の変容を可能とします。この光を放つ花の形をしたキャップは、優れた発想の結実そのものです。ボトル側面のシグネチャーは、エンボス加工により光で煌めくものへと変容しました。

海を愛するフランク・ゲーリーは、ガラスでできた船体の周囲に目に見えないロープを這わすかのように、空間と戯れます。壁面は伸び上がるよう、そして両側面は張られた2つの帆のようで、フレグランスが入りやすいように広がっています。一陣の風が大気をアンバー色に染めます。中空には花が浮かび、星は溶けて液体となり、まばゆい肉体は地球の遥か上でホバリングします。「エ・ラ・ナーヴェ・ヴァ(そして船は行く)」──海水のうねりによって皺を刻まれたキャップに映り込んでいるのは波しぶき、そして何よりも生命とクリエーションの絶対的な動きです。セーリングをこよなく愛するフランク・ゲーリーにとって、この絶対的な動きは大気の息吹であり、帆が象徴する自由のエスプリそのものです。

私たちが航行しようとしているのは、1人は視覚を、もう1人は嗅覚を手段とする2人のマスターが発見し、自分たちの個性を刻み込んで再設計した広大な世界──これが至高の才能と技量の証であることに疑いの余地はありません。2人は、何かを固定化したりするのではなく、帆を張るようにセンセーションを操り、船乗りたちが「風を捉える」と呼ぶ状態を創り出そうとしたのです。

「人目を惹き付けるだけでなく、メゾンとそのコンテンツを想起することができるほど魅力的なものとするには、どうすれば良いだろうか?この問いかけこそが、これらの形状を探りはじめた出発点でした。(中略)私たちは、感動を呼び覚ますものを創りたいと思いました。センセーションに命を吹き込むものを。目にした時、思わず『あっ』と声を上げてしまうようなボトル、そして香りを体験した時にも同様に声を上げてしまうようなフレグランスを」 。
フランク・ゲーリー

こうして、夢を作り出す環境が整いました。すなわち、2人のマスターの交流がスタートしました。1つの理想を具体的な形で、および目に見えない形で分かち合うための作業です。この理想は、創造の拍動──そのリズムは、細分化されることも縮小化されることもなく、輝かしく、インスピレーションに満ちてさらなる次元を目指します──によって形作られました。

故に、本コレクションは単なるコラボレーションではなく、1つの出逢い、才能の交流の成果であり、マニフェストなのです。動き、その透明性、なめらかさへの賛歌です。自明の理でありながら複雑な誘惑の引力、グラースのレ・フォンテーヌ・パルフュメとロサンゼルスの建築事務所、そして五感に導かれる想像という計り知れないほど広大な世界から生まれる、生命のモメンタム。セーリング初心者にとっても、ベテランヨットマンにとっても、果てしない広がりを讃えるコラボレーションでした。

パフュームのエスプリ
「レ・ゼクストレ コレクション」はルイ・ヴィトンが創業以来、絶えず讃えてきた旅の真髄(こころ)を反映しています。常により遠くを、非凡な地平線を目指す旅──この旅においての目的地は、エクストレ・ドゥ・パルファンによって絶対的な美が凝縮されている場所。旅の伴侶は、本物の輝き、完璧なノートを作り出すためには影と光をどのように加減すれば良いのかを知っているマスター・パフューマーによって再解釈された高濃度のパワフルなフレグランス。このマスター・パフューマーは、どうすれば、見えるものから見えないものを引き出すことができるかも知っています。彼が直観の普遍的言語で捉えようとするのは、ピュアで眩い香りの動き。そして、フレグランスを纏う人の所作と、香りのトップノート、ラストノートとの間にある密接な関係。今現在だけでなく永遠に評価される香りを創り出すために。未来を見つめて、ただし、いつまでも湧き出るインスピレーションを与えてくれる過去を切り離すことなく。すべての旅を通じて、世界に大きく窓を開いて。

宇宙は再び、音が共鳴するエコーチェンバー、波に洗われる庭園となります。空、大地、そして光に照らされて虹色に輝く海が、センセーションの光輪の中で1つとなります。すべてを包み込、柔らかな輪郭の儚げな光輪。星々と深い海の底から押し寄せる光輪──

愛は、中空に浮かぶ非凡なブーケに引き寄せられて上昇します。太陽が優しく照らしているのは、地平線、木々の間を抜ける風、そして、夢のような島や時空の彼方に浮かぶ黄金寺院への旅路。ここで繰り広げられるのは、感性に働きかけるイリュージョン。

5つの香りのスコアが、この空想のオデュッセイアを奏でます。

Dancing Blossom
Cosmic Cloud
Rhapsody
Symphony
Stellar Times


感性豊かな世界の夜明けを目指し、すぐに船出しましょう。
軽快で香り豊かなフレグランスと共に。

©Florian Joy©Florian Joy

Dancing Blossom(ダンシング ブロッサム) 100ml、税込77,000円
空中庭園が私たちを遠くに誘います。この庭園を見つめることは、絶えず変容する四季の王国に足を踏み入れること、「花々のカスケード」に飛び込むことを意味します。ジャスミンサンバック、メイローズ、オスマンサス(金木犀)、インド産チューベローズが混じり合い、自然が香りを開花させます。渦巻く花びら、心が震える感動と繊細さを束ねたブーケに包まれて浮遊しながら世界を眺めるようなセンセーションを覚えます。「バラは最も多様な魅力を湛えた花であり、レモンのような爽やかさのほか、ティーノートやスパイシーな側面も持っています。その一方、ジャスミンはよりアニマリックでマスキュリンです」とジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは説明します。

©Florian Joy©Florian Joy

Cosmic Cloud(コズミック クラウド) 100ml、税込77,000円
地上の暮らしを離れての飛行、五感のインタラクティブな没入体験。前人未到の地、現実と空想の境界を訪れる旅。ムスクが愛撫を送り、チョコレートのかけらが広がるようなヴェネズエラ産トンカビーンがアクセントを添えます。軽やかな丸み、重力とは無縁で旋風のように舞う幾つものノート。パウダリーでフルーティーなムスク、ペルー産ポピーの雌しべから抽出したアンブレットアブソリュート...パチョリは、力強いシプレーやオークモスに後押しされ、その魅力を全開にします。シトラスとベルガモットのアコード、光差す森の藪の芳香も漂います。「Cosmic Cloud」は何よりも、宇宙の星々の間でモノクロームの煌めきを放つ雲の、官能的で鮮烈な変奏曲です。

©Florian Joy©Florian Joy

Rhapsody(ラプソディ) 100ml、税込77,000円
地平線が果てしないラインをくっきりと描き出す時、刺激的で目も眩むほどの驚異的な旅がはじまります。香りの錬金術により、すべてがはじまり、すべてが生まれ変わります。「近代の香水界に登場した初の精緻なアコードであるシプレーの本質。私はシプレーのDNAを強調する一方で、現代性を加えよう、と考えました」とジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは語ります。「そして、ジャスミングランディフローラム、パチョリ、メイローズといった花が、辺りを照らす光のようなセンセーションをもたらします。イェルバ・マテも、スズランを想わせる瑞々しく透明感のあるグリーンノートで重要な役割を果たしています」。

「私たちは、重なり合ったウッディノートの洗練さを保ちつつ、ベチバーやイランイランといったバニラ系の香りがもたらす存在感のあるノートによって変容させました。ウッディノートの枠組みはいわば炭化し、これまではぶ厚い塊のようであった香調が透明感を帯びました。どのようにして輪郭をくっきりと浮かび上がらせるかが鍵でした」。

©Florian Joy©Florian Joy

Symphony(シンフォニー) 100ml、税込77,000円
天と地が溶け合ったかのような感覚、絶対的な光がもたらす尽きることない喜び、風に揺蕩う浮島の弾むような煌めき、ベルガモットとグレープフルーツのカクテルに浮かべた新鮮なジンジャーゼストが持つスパイシーさ。持続する眩しさ。ムスキー、フルーティー、ベルベッティーなまろやかさが、軽やかな残響とぶつかり合います。晴れやかなき煌めき。覚醒する世界に鳴り響く音楽に相応しく、くっきりとした特徴を持つ音符──ノート──で描かれた官能的な譜面。ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードはこのフレグランスを「天と地の融合、世界を形作るエレメントが奏でる至高のハーモニー」と表現しています。

©Florian Joy©Florian Joy

Stellar Times(ステラー タイムズ) 100ml、税込77,000円
おとぎ話に出てくる寺院や、モザイクや夢のような泉水で彩られた庭園を探すために、時空を抜ける潜在意識を巡る旅。「大洋の波間に漂うアンバーグリスや、バニラや樹脂が強く香るクラシックなアンバーを出発点として、ソフトでホワイト、ウッディで奥深いアンバーを創り出そうと決めたのです」と、ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは語ります。空に浮かぶ黄金の宮殿、渦巻く香りの調べ。オレンジブロッサムと、植物性アンバーの香り、ペルー産バルサムのレザーノートの組み合わせ。オリエンタルノートを代表するアンバーが、斬新な調香によって重力から解放されました。夢の空飛ぶ絨毯に乗っての美しい逃避行がはじまります。

©Florian Joy©Florian Joy

©Florian Joy©Florian Joy


【発売日】
ー9月30日(木):ルイ・ヴィトン 松屋銀座店、表参道店、メゾン 大阪御堂筋にて先行発売
ー10月7日(木):銀座並木通り店、新宿店、福岡店、阪急梅田店、神戸店、丸井今井札幌店、ナゴヤミッドランドスクエア店、公式サイト www.louisvuitton.com
※店舗の最新の営業状況につきましては、ルイ・ヴィトン公式サイト、および各商業施設のHPをご確認ください。


【ルイ・ヴィトンについて】
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。

ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイト www.louisvuitton.comをご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社 >
  3. 【ルイ·ヴィトン】建築家フランク·ゲーリーとのコラボレーションによる新フレグランス·コレクション「レ·ゼクストレ コレクション」が誕生