【古湯温泉ONCRI/おんくり】第5回ONCRI寄席 4月3日(火)開催〜桂 文鹿×桂 かい枝〜

上方落語の世界とぬる湯にゆったり浸かる1日を

アゴーラ・ホテルアライアンスの古湯温泉ONCRI/おんくり(所在地:佐賀県佐賀市富士町古湯556、総支配人:柚木 孝文、客室数:44室)は、上方落語(※)が楽しめるイベント「第5回ONCRI寄席 桂 文鹿×桂 かい枝」を2018年4月3日(火)に開催いたします。










2014年より毎年開催している本イベントは、今年で5回目を迎えます。昨年は県内外から100名近くのお客様にお越しいただき、好評を博しました。
上方落語界で活躍中の桂 文鹿(かつら ぶんろく)師匠と桂 かい枝(かつら かいし)師匠による寄席の世界と、「美人湯」とも呼ばれる古湯温泉のぬる湯をお愉しみいただき、ゆったりとした特別な一日をお過ごしください。
(※)上方落語とは大阪・京都を中心とする地域で主に演じられる落語です。

 第5回ONCRI寄席 桂 文鹿 × 桂 かい枝 開催概要
日   程:2018年4月3日(火)14時開場/14時30分開演
場   所:古湯温泉ONCRI/おんくり 広座敷「飛天」
料   金:前売り 2,000円/当日 2,500円(1名様、消費税込み)
      ※要予約
      ※満員になり次第受付終了(定員100名)
      ※湯処「SHIORI」無料入浴券付
ランチ付きプラン:1名様 3,500円
       (和会席またはイタリアン、湯処「SHIORI」無料入浴券付、消費税・サービス料込み)
特別宿泊プラン:和室スタンダード 23,000円
       (2名1室お一人様、2食付き、消費税・サービス料込み、入湯税別)

〈ご参考〉

桂 文鹿(かつら ぶんろく)
1994年5月に桂文福に入門。元プロボクシング選手。2014年松竹芸能より独立。フリーの落語家として活動。古典落語の他、「人間の卑屈さ」をテーマにした新作落語を次々に生み出し、「繁昌亭大賞創作賞」を受賞。著書には、「アトピーを3ヶ月で完治させた超極秘(浪速社)」がある。


 

桂 かい枝(かつら かいし)
1994年6月に5代目桂文枝に入門。古典落語や創作落語の他、英語落語を確立し、23カ国、数百公演をこなしてきた。文化庁文化交流使に任命され、全米で60公演以上を行った。「文化庁芸術祭賞新人賞」、「NHK新人演芸大賞」「咲くやこの花賞」など権威ある受賞歴。大阪樟蔭女子大学の客員教授を務める。


NEWS! 新たに2タイプの客室が2月10日(土)に誕生
◆「ONCRI ソノテラス」〜自然と共鳴するプライベートテラス〜
◆「離れ JIBOH」〜自然に溶け込む心の休日 NEO TOUJI STYLE〜

新たな客室は、古湯の大自然に溶け込む木目や石などを基調とし、川のせせらぎや雨音、鳥のさえずりといった自然が奏でる音“ソノリティー”を引き込む空間としてデザインされました。
高さ約2メートルのテントが設けられた開放感のあるプライベートテラスのある「ONCRI ソノテラス」では、豊かな自然の中で滞在する贅沢なキャンプスタイルを満喫できます。夜はシャンパン片手に星空を眺め、朝はキャンプのように朝食を楽しむなど、まるでリビングにいるようにお寛ぎください。
半露天風呂を備えた「離れ JIBOH」では、備え付けの防水機能付きの電子書籍端末で読書をしながらなど、24時間好きな時に好きなだけ温泉をお楽しみいただけます。名のごとく、「時を忘れる:時忘」、そして「自然と自らを慈しむ部屋:慈房」としての過ごし方をお楽しみください。

 古湯温泉ONCRI/おんくりは、「ぬる湯に浸かり時を忘れる、山峡の湯治リゾート」のコンセプトのもと、地域の魅力を最大限に打ち出しつつ現代における上質な湯治スタイルをご提案してまいります。


【お客様からのお問合せ先】
古湯温泉ONCRI/おんくり
〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町古湯556
TEL:0952-51-8111 FAX:0952-51-8112

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アゴーラ・ホスピタリティーズ >
  3. 【古湯温泉ONCRI/おんくり】第5回ONCRI寄席 4月3日(火)開催〜桂 文鹿×桂 かい枝〜