【F.C.大阪】11月27日(土) F.C.大阪 vs FCマルヤス岡崎 試合結果

大阪府東大阪市をホームタウンとするサッカークラブ「F.C.大阪」は、11月27日(土)に第23回 日本フットボールリーグ 第33節 vs.FCマルヤス岡崎 をホーム・服部緑地陸上競技場にて行いました。 試合結果は下記の通りです。
11月27日(土)に第23回 日本フットボールリーグ 第33節 F.C.大阪 vs FCマルヤス岡崎(@服部緑地陸上競技場 13:00 KICK OFF)が行われました。結果は下記の通りです。

F.C.大阪 0-1(前半0-1) FCマルヤス岡崎
得点者:藤原(13分:マルヤス)


11月も終わりを迎え、リーグ戦も残り2節。時折降る雨と冷たい強風でやや荒れた天候の中行われた今季のF.C.大阪のホームゲーム最終戦。そして今日の試合は2013年から9年間、F.C.大阪のエースと君臨したFW川西 誠のホームラストゲーム。その川西はベンチスタートとなった。
なんとしても勝利で川西を送り出したいF.C.大阪だったが、試合開始直後こそFW田中直のシュートなどで相手ゴールに攻め込むが、勝てばJFL残留が確定する相手になかなか得点をあげることができない。逆に13分、セットプレーのボールを繋がれ、相手選手にシュートを放たれると、このシュートはGK安田が左手1本でストップするものの、詰めていたマルヤス MF藤原にこぼれ球を詰められ失点してしまう。早く同点に追いつきたいF.C.大阪は21分、相手ゴール前で細かくパスを繋ぎ、抜け出したFW田中直にパスを送ると、田中直は相手GKと1対1のチャンスを迎えるが相手GKのファインセーブで防がれてしまう。この後も攻撃を仕掛けるが、強風の影響もあり、有効な攻撃を繰り出すことができず、リードを許したまま前半を終える。
後半、開始からDF齊藤に替え怪我から復帰したMF日髙を投入し攻撃のリズムを変えるが、なかなか得点に結びつかない。56分にはMF前田のミドルシュートが相手ゴールに襲いかかるも、これまた相手GKのファインセーブで得点ならず。そして訪れた64分、F.C.大阪はFW田中直に替わりFW川西が投入すると、ともに投入されたMF澁谷、FW坂本とともにゴール前を活性化させるが、相手の守備に阻まれあと一歩が届かない。90分には、川西が普段は蹴ることのない直接フリーキックを蹴りゴールを狙うが、相手のフリーキックの壁に阻まれ得点を決めることができない。試合終了間際のコーナーキックではGK安田も上がって1点を取りに行くが弾き返され、結局1点を追いつくことができず、0-1のままで終了。エース川西を白星で送り出すことができなかった。
試合終了に行われた川西の引退セレモニーでは、背後に虹がかかる中、長年ともにJリーグ入りを目指した仲間たちへの想いを語り、残る選手たちへ自分の思いを託して、最後は自らの背番号と同じ11度宙を舞った。
 

F.C.大阪スターティングメンバー。先日急逝した故ヒューエル・オリベイラ(湘南)に対する喪章を巻いてプレーする。(Photo:宮西 範直)F.C.大阪スターティングメンバー。先日急逝した故ヒューエル・オリベイラ(湘南)に対する喪章を巻いてプレーする。(Photo:宮西 範直)

試合前にJFL通算100試合出場のセレモニーが行われたFW田中直(Photo:辻本翔子)試合前にJFL通算100試合出場のセレモニーが行われたFW田中直(Photo:辻本翔子)

現役最後のホームゲームでピッチに立ちシュートを放つFW川西(Photo:宮西 範直)現役最後のホームゲームでピッチに立ちシュートを放つFW川西(Photo:宮西 範直)

引退セレモニー後の胴上げで11度宙を舞ったFW川西(Photo:宮西 範直)引退セレモニー後の胴上げで11度宙を舞ったFW川西(Photo:宮西 範直)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FC大阪 >
  3. 【F.C.大阪】11月27日(土) F.C.大阪 vs FCマルヤス岡崎 試合結果