カシオ計算機、「MY G-SHOCK」開始に向けエクサのSPBOMを採用

~組み合わせは190万通り※、世界にひとつだけの"MY G-SHOCK"を実現~

カシオ計算機株式会社(本社:東京都渋谷区本町1-6-2、代表取締役 社長 CEO: 樫尾 和宏、以下、カシオ計算機)の耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”のカスタマイズサービス『MY G-SHOCK』において、部品構成・組合せを生成するエンジンとして株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい、代表取締役社長執行役員:千田 朋介、以下、エクサ)の「SPBOM」を採用しました。
※ 限定カラー“FIRST COLOR”を含むサービス開始時点の組み合わせ数。シングル遊環を選択した場合
カシオ計算機が、初めてのカスタマイズサービスを開始するにあたり、約190万通りに及ぶバリエーションを可能とするために、必要となる部材情報を全バリエーション分展開し、ECサイトにおける構成選択可否の元情報や製造管理・計画系に必要となるBOMを自動的に生成する新たな仕組みが求められる中、エクサの独自ソリューション「SPBOM」と導入実績を高く評価し、採用を決定しました。
https://www.casio.com/jp/watches/mygshock/

▼統合BOM管理ソリューション SPBOMについて
SPBOMは、色・寸法など様々なバリエーションを持つ製品の「ものづくりルール(知識)」を統合的に管理し、製品名とその仕様を与えると自動的にMBOM生成する事ができるエクサ独自のソリューションです。
https://www.exa-corp.co.jp/solutions/manufacturing/spbom.html


■カシオ計算機株式会社の概要
設立年月日:1957年6月
資本金:485億9,200万円
カシオ計算機株式会社は、「創造 貢献」を経営理念に掲げ、時計、電卓、電子楽器、電子辞書などのコンシューマ向け製品や、法人向けソリューションなどを事業としています。近年は、ウエアラブルデバイスの開発力やセンシング技術を活かし、株式会社アシックスとの共創によるランナー向けパーソナルコーチングサービス「Runmetrix」や、デジタルカメラの技術を応用した医療分野向けカメラなども提供しています。
ホームページ:https://www.casio.com/jp/
MY G-SHOCKホームページ:https://www.casio.com/jp/watches/mygshock/

■株式会社エクサの概要
設立年月日:1987年10月
資本金:12億5,000万円
株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を母体とするITサービス会社です。先進技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。
ホームページ:http://www.exa-corp.co.jp/

※SPBOMは株式会社エクサの登録商標です。
※その他の会社名、製品名等は各社の商標または、登録商標の場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクサ >
  3. カシオ計算機、「MY G-SHOCK」開始に向けエクサのSPBOMを採用