「シティOL川柳大賞2019」発表! 応募総数 3149句  大賞『忖度し パスまわしあう 会議中』

株式会社サンケイリビング新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 則昭)が発行するオフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」(全国8エリア 約62万部)では、第22回「シティOL川柳大賞」受賞作品を決定しました。
2018年に全国のシティ読者から応募された3146句の中から、13句が入賞。
「忖度」「シャンシャン」「昭和平成」「ひょっこりはん」など時代を表すキーワードとともに、オフィスの人間模様や恋愛・結婚など、働く女性のリアルな姿が浮かび上がってきます。
全国のシティリビング紙上およびシティリビングWebで発表。(https://city.living.jp/tokyo/f-tokyo/1031945

また、次回作品の募集も開始。働く女性であれば誰でも参加OK、1度に5句まで投稿可能で、9月10日(火)締切。
Web専用フォームにて募集中です。(http://r.living.jp/city/senryu2020
<大賞>  忖度し パスまわしあう 会議中


【作者の声】
うんと言わない上司に、同僚のプレゼンをみんなでプッシュしたり、資料がそろわず次の会議に持ち越すために時間稼ぎしたり、大義のためには社内でも忖度し、上手なパス回しが必要です!
オフィス部門 (かりん/ 44歳・東京)

 【選定理由】
全国のオフィスで「うちも同じ」の声が出ていそうなこの句に大賞を贈ります。シュートゼロ会議が減るよう祈りを込めて!
(シティリビング編集長一同)


<入賞作品>
■恐ろしい 昭和平成 次迫る
■「映えそうね」 実はインスタ やってない
■スカートイン ぽっこりお腹が ひょっこりはん
■上司には いいねーそだねー 言っておく
■「えー?!昭和」 あんたももうすぐ 「えー?!平成」
■平成を 未婚のままに 飛び越える
■そっと乗り 叫んで下りた 体重計
■縁結び 仕事増えても 彼氏来ず
■入社して 半分、黒い 我が職場
■はよ帰れ それを言うなら お前やれ
■持て余す 母性をすべて シャンシャンへ
■ルンバさえ こっちにこないか 期待する

-シティOL川柳大賞-
シティリビングが主催し、1997年から続く働く女性のための川柳大賞。「オフィス部門」「恋愛・結婚部門」
「マネー・ライフ部門」「ビューティー・ダイエット部門」の4部門で作品を募集し、優秀作品を選定。全国8都市のシティリビング(札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡)とWeb版の読者から、毎年多くの作品が寄せられます。
2018年は3149句が集まり、東京シティ編集部内で一次審査を実施。その後全国のシティ編集長と特別審査員による最終審査を経て、各賞が決定しました。


 

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社サンケイリビング新聞社 メディア事業本部 シティリビング事業部  担当:宮本
TEL:03-6703-4410 FAX:03-3261-7182 E-mail:city1@sankeiliving.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サンケイリビング新聞社 >
  3. 「シティOL川柳大賞2019」発表! 応募総数 3149句  大賞『忖度し パスまわしあう 会議中』