Onkyo/PioneerブランドのAVレシーバーがファームウェアアップデートでHDMI 2.1規格のALLM(自動低レイテンシーモード)に対応

オンキヨーホームエンターテイメント株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表取締役社長:大朏 宗徳)は、本日実施するファームウェアアップデートにより、昨年発売OnkyoおよびPioneerブランドのAVレシーバーがHDMI 2.1規格のALLM(自動低レイテンシーモード)に対応したことをお知らせいたします。

ファームウェアアップデート対象のTX-RZ840(B)ファームウェアアップデート対象のTX-RZ840(B)

 

ALLMは対応送出機器(ゲーム機器等)および対応受信機器(モニター、TV等)と接続することで、各アプリケーションに最適なレイテンシーが自動的に受信機側で設定される機能です。ユーザーが手動でレイテンシーの切り替えを行う必要がなく、連続的なコンテンツの視聴やインタラクションが可能となります。例えば、映画やビデオを見たあとで、ゲームを行うような場合にわずらわしい操作をせずに最適なレイテンシーで視聴・ゲームを行うことができます。 ALLMに対応したXbox Series Xなどの機器も最適なモードでお楽しみいただけます。

当社機器では、ALLM時にDSPによりリップシンクの最適化を行いますので、映像と音声のズレが最小限に調整された状態で各アプリケーションをお楽しみいただけます。リップシンクの調整は、マニュアルで行うこともできます。

【アップデート対象モデル】
■Onkyoモデル
TX-RZ840
TX-NR696

■Pioneerモデル
VSX-LX304

●ファームウェアアップデートに関する情報
ファームウェアのアップデート方法は、ネットワーク経由のアップデート/USBメモリーによるアップデートがあります。お客様の環境に応じて、いずれかの方法で行ってください。

[Onkyoブランド商品] https://www.jp.onkyo.com/support/news/index.htm
[Pioneerブランド商品] https://jp.pioneer-audiovisual.com/support/


オンライン相談:https://www.jp.onkyo.com/audiovisual/cp/online/
 
  •  「Pioneer」及び「Pioneerロゴ」は、パイオニア株式会社の商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  •  "Xbox"は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  •  その他文中の商品名、技術名、機能マークおよび会社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オンキヨーホームエンターテイメント株式会社 >
  3. Onkyo/PioneerブランドのAVレシーバーがファームウェアアップデートでHDMI 2.1規格のALLM(自動低レイテンシーモード)に対応