ECCOの3Dカスタマイズ体験を支えるダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォーム

ダッソー・システムズ は、デンマーク発・コンフォートシューズ&レザーグッズブランド「ECCO」が展開する異次元の革新的なシューズ『QUANT-U (クアントゥー) カスタマイゼーション・プロジェクト』の開始時から今日まで、ECCOと密接に協力し、売り場での3Dカスタマイズ体験づくりを支援しています。同プロジェクトではダッソー・システムズのクラウド版3DEXPERIENCEプラットフォームが採用されています。

『QUANT-Uカスタマイゼーション・プロジェクト』では、お客様の足を立体的に計測した情報をもとに、3Dプリンターでカスタマイズしたシリコン製ミッドソールを店内で製造します。ミッドソールはシューズの機能における心臓部であり、歩行時の靴の機能と履き心地の70%はミッドソールに依拠するといわれています。

ファッション業界での3D技術活用を支援するダッソー・システムズの社内インキュベーター組織 (「ダッソー・システムズ・ファッションラボ」) は、ECCOイノベーション・ラボ (ILE) と共同で、独自のアルゴリズムに基づく強力で革新的な自己学習システムを開発しました。このシステムが、着用者の計測データをもとに、ミッドソールの最適な厚みや幅、大きさ、カーブなどを細かく割り出して、ミッドソールの立体形状モデルを瞬時に生成しています。この立体形状モデルを店内の3Dプリンターから出力しシューズに装着することで、着用者の足にフィットするシューズを提供するという、売り場直結型のマスカスタマイゼーションが実現します。

1.『QUANT-U』カスタマイズミッドソールが完成するまでの3つのステップ

1)   個々の足の動きや形状をリアルタイム分析
解剖学的スキャンとセンサー・データのコンビネーションでデジタル足型を製作。3D足型計測器は足の隅々まで立体的に足をスキャンし、着用可能なセンサーとAIにより着用者が実際に靴を履いた時の正確な動きを再現します。センサーは、靴内の温度、湿度をはじめ膨大なデータを計測、圧力センサー、加速度計を用いて各個人の歩行の特徴をデータ化します。

2)データドリブンなミッドソールのためのデザインを開発
一連の計測データが、世界に一つだけのミッドソールづくりに生かされます。ミッドソールはシューズの機能における心臓部であり、歩行時の靴の機能と履き心地の70%はミッドソールに依拠するといわれています。ミッドソールの形や厚み、立体カーブは、機械学習と構造解析によって瞬時にデザインされ、着用者の足に最もフィットする形状データが生成されます。

3) 店内3Dプリンターでカスタマイズされたシリコン素材のミッドソールを出力
個人の計測データによりデザインされた3Dカスタマイズミッドソールが店内の3Dプリンターで製造され、約1時間で『SOFT 8 QUANT-U EDITION (ソフト 8 クアントゥー エディション) 』用に形成されます。

『QUANT-Uカスタマイゼーション・プロジェクト』は、2018年4月にECCOコンセプト・ストア (蘭アムステルダム) において期間限定で一般販売を行ったほか、2019年1月にはCES2019 (米ラスベガス) のダッソー・システムズ・ブースでも公開されました。

参考:
ビデオ:ECCO Shoes and Quant-U (英語)
https://www.youtube.com/watch?v=WIrCoQe4Gpk         

CES 2019: BEST OF - Dassault Systèmes (英語)
https://www.youtube.com/watch?v=Hcr6g8mUlYg&index=4&t=0s&list=PLMEjN73iIFkfrcKIQwHo7V90UkuWEdTTH 

QUANT-U
https://quant-u.jp/

(以上)

 3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。
  1. プレスリリース >
  2. ダッソー・システムズ株式会社 >
  3. ECCOの3Dカスタマイズ体験を支えるダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォーム