TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言に基づき開示

~ ESGへの取組みを推進~

 野村不動産投資顧問株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:三浦 公輝、以下「野村不動産投資顧問」)が運用を受託する総合型J-REIT 野村不動産マスターファンド投資法人、総合型私募REIT 野村不動産プライベート投資法人において、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言に基づく気候関連の非財務情報(定性評価)の開示を実施しましたのでお知らせいたします。

TCFDの概要
 TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)は、金融安定理事会(FSB)により、気候関連の情報開示及び金融機関の対応をどのように行うかを検討する目的で設立された「気候関連財務情報開示タスクフォース」です。
気候変動は世界経済にとって深刻なリスクとし、企業等に対して「ガバナンス」「戦略」
「指標と目標」「リスク管理」について把握・開示を推奨する提言を公表しています。



 野村不動産投資顧問は、昨年7月、TCFD提言に賛同表明を行っており、今後もESG(環境・社会・ガバナンス)に配慮した資産運用を行ってまいります。野村不動産投資顧問及び同社が運用を受託する総合型J-REIT野村不動産マスターファンド投資法人、総合型私募REIT野村不動産プライベート投資法人における、気候関連の非財務情報(定性評価)については、以下のウェブサイトをご参照ください。
 

野村不動産マスターファンド投資法人のTCFD提言に基づく開示:
 https://www.nre-mf.co.jp/ja/esg/esg_environment.html

 野村不動産プライベート投資法人のTCFD提言に基づく開示:
https://www.nre-pr.co.jp/sustainability/risk.html
 ※商品特性上、野村不動産プライベート投資法人ウェブサイトの一部情報は閲覧制限を設けております。






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 野村不動産ホールディングス株式会社 >
  3. TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言に基づき開示