本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~

2020年10月1日(木)~16日(金) 伊藤忠青山アートスクエアにて

飢餓をなくすことを使命とする国連唯一の食料支援機関、WFP国連世界食糧計画を支援する認定NPO法人国連WFP協会(横浜市西区みなとみらい1-1-1パシフィコ横浜6F 会長:安藤宏基)では、10月1日(木)~16日(金)まで伊藤忠青山アートスクエアにて「本田亮SDGsユーモアイラスト原画展」を初開催いたします。

SDGs 17 パートナーシップで目標を達成しよう。Illustration©本田亮SDGs 17 パートナーシップで目標を達成しよう。Illustration©本田亮

10月16日は国連の制定した「世界食料デー」で、10月は「世界食料デー」月間。
本展は、飢餓問題も含めたSDGs(国連の定めた「持続可能な開発目標」)の17の課題をユーモアあふれるイラストで誰でも分かりやすく表現しています。
国連WFPを長年に亘り支援し、SDGsへの貢献を目指す伊藤忠商事株式会社の協力を得て開催致します。

SDGsのゴール達成まであと10年と迫る中、いま私たちが取り組まなければならない世界の課題は少なくありません。しかしSDGsの言葉を知っていてもその内容については難解で理解が十分に広がっていないことも事実です。

少しでも多くの方々にSDGsの意味を知り、問題解決のために何ができるか考えていただくために、プランナーや環境マンガ家として活躍するマルチクリエイターの本田亮氏が子どもから大人まで分かりやすく楽しめるイラストを描き起こしました。

展示作品は、すべて原画で、約40点。ユニークな表現とフレッシュな色彩、繊細なタッチまで楽しんでいただける内容となっています。 

国連WFPは途上国で食料支援活動を行っていますが、SDGsの2番目の目標である「飢餓をゼロに」をはじめ関連の深いテーマを多く抱え、そのゴール達成のために世界各地で日々努力を重ねています。SDGsの理解促進は、支援の大きなバックアップにつながります。 

<開催概要>
本田亮SDGsユーモアイラスト原画展
~楽しく知る世界を変える17の目標~ 


日時:2020年10月1日(木)~10月16日(金) 11:00-17:00(月曜定休)入場無料
※開館状況が変更になる場合があります。最新情報を伊藤忠青山アートスクエアHP、Facebookでご来館前に必ずご確認をお願いいたします。 

会場:伊藤忠青山アートスクエア
〒107-0061 東京都港区北青山2丁目3−1 B1F Itochu Garden
TEL:03‐5772‐2913(代表) URL: http://www.itochu-artsquare.jp/

主催:認定NPO法人国連WFP協会
後援:WFP国連世界食糧計画 日本事務所、外務省、農林水産省
協力:伊藤忠商事株式会社
備考:新型コロナウイルス感染症の拡大防止および予防の対策を講じて開館いたします。詳細はこちらをご確認ください。
http://www.itochu-artsquare.jp/pdf/admission0626.pdf

本田亮(ほんだ りょう)プロフィール
■経歴
日大芸術学部写真学科卒業。前職は広告代理店のCMプランナー。
「ピッカピカの1年生」(小学館)から「こだまでしょうか?」(AC)に至るまで多くのテレビCMを企画制作。現在は自然をテーマにしたクリエーターとして活動中。
映像、エッセイ、イラスト、写真など様々な手段で地球の言葉をクリエィティブしている。
「エコノザウルスの環境マンガ」「サラリーマン転覆隊」「原発先生」「リーフフィッシュ」など多くのシリーズ作品がある。
2020年、日本赤十字「ウィルスの次にやって来るもの」動画でも話題となる。
葉っぱアートのワークショップも随時開催中。
◆個展歴
ラフォーレ原宿、有楽町マリオン、西武百貨店、富士フォトサロンなど、
◆著書
「エコノザウルスが行く」(学研)「アメリカの正体がわかる絵本」(講談社)「ママチャリお遍路1200キロ」(小学館)「転覆家族が行く!」(フレーベル館)「エコかるた」(フレーベル館)など。
◆国連WFP協会理事、四国お遍路大使も務める。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国連WFP >
  3. 本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~