住民票などの交付手数料の支払いにキャッシュレス決済を導入しました

つくば市は、2020年10月1日(木)から、市民窓口課の各種証明書等交付手数料支払いに、交通系電子マネー、流通系電子マネー、クレジットカードが使用できるようになりました。新型コロナウイルス感染症予防の観点からも、ぜひ御利用ください。
利用開始日
 2020年10月1日(木)~

利用時間
 8:30~17:15

利用できる決済サービスの種類

   
 交通系電子マネー(Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、ICOCA、nimoca、はやかけん、SUGOCA)
 流通系電子マネー(WAON、 nanaco 、楽天Edy、iD)
 クレジットカード(VISA、Mastercard)


利用できる窓口
 つくば市役所本庁舎1階 市民窓口課 ※各窓口センターでの支払いには利用できません。

対象
 本庁舎1階市民窓口課で取り扱う各種証明書等の交付手数料
(住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍証明書、税証明書、仮ナンバー手数料など)


注意事項
 パスポートの交付手数料など一部の手数料の支払いには利用できません。
 市民窓口課での、電子マネーのチャージ(入金)はできませんので、御注意ください。
 残高不足の場合には、別の手段での支払いをお願いします。
 市税や国民健康保険料などの支払いには利用できません。
 現金との併用はできません。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. つくば市 >
  3. 住民票などの交付手数料の支払いにキャッシュレス決済を導入しました