2019年度「CDレンタル店調査報告書」公表

日本レコード協会は、2019年度CDレンタル店実態調査を実施し、報告書としてとりまとめました。

[2019年度CDレンタル店調査概要]
調査期間:2019年4月1日~6月30日
調査方法:対象店舗への訪店調査(店舗規模・業態を勘案したサンプル調査方式)
調査店数:全国886店
 
  • 1店舗あたりの平均レンタルCD在庫枚数 18,677枚(前年比7.7%減)
  • 1店舗あたりの店舗面積 938平方メートル(前年比0.6%増)
    <内訳>
    CDレンタル 75平方メートル(前年比4.3%減)
    DVDレンタル 323平方メートル(前年比0.5%減)
    その他 540平方メートル(前年比2.1%増)
  • 全国のCDレンタル店舗数 1,882店(2019年6月現在。昨年6月末時点の2,043店より161店減少)
 

 

 

店舗面積(1店舗平均)店舗面積(1店舗平均)

 

 

CDレンタル店数と開業・閉店推移CDレンタル店数と開業・閉店推移


その他の調査内容は、以下の当協会ウェブサイトをご覧ください。
▼2019年度CDレンタル店調査 概要
https://www.riaj.or.jp/f/report/rental/2019.html

また、別途報告書を入手ご希望の方は、企画・広報部までお問い合わせください。

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本レコード協会 >
  3. 2019年度「CDレンタル店調査報告書」公表