【国立科学博物館 筑波実験植物園】 企画展「水草展 〜旅する水草〜」を開催します

 国立科学博物館 筑波実験植物園(園⻑:細矢剛)では、2021年8月7日(土)~8月15日(日)までの期間、企画展「水草展〜旅する水草〜」を開催します。

  • 企画展「水草展〜旅する水草〜」 開催概要 
 水草はどのように移動するのでしょうか?水流、海流・・・風や渡り鳥に乗れば、はるか彼方の大陸へ移動できることが、最近のDNA研究から明らかになってきました。旅が新しい水草を生み出す一方で、人間が運ぶ外来種は生態系を壊してしまうこともあります。
 今回の水草展では、「水草の旅」をテーマに、その多様な移動方法、長距離移動の新発見、水草を探す旅などを、多数の貴重な水草とともに展示します。
 プロのレイアウターによる美しい水草水槽も多数展示します。グラスアクアリウムを作るワークショップ「自分だけのアクアリウムを作ろう」、来園者が少しずつ植えて大きなレイアウト水槽を作るコーナーなど、水草楽しむためのイベントもご用意しています。

【開催会場】国立科学博物館 筑波実験植物園(茨城県つくば市天久保4-1-1)
【開催期間】2021年8月7日(土)~8月15日(日)
【開園時間】9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休 園 日 】なし
【入 園 料 】一般:320円、高校生以下・65歳以上は無料、障害者手帳をお持ちの方及びその介護者1名無料
【水草展URL: http://www.tbg.kahaku.go.jp/event/2021/08mizukusa/index.html

 
  • <展示内容の一部を紹介します>

 

ネジリカワツルモ
近年、渡り鳥による水草の大陸間長距離散布がDNA解析により明らかになってきました。その最初の事例が示されたのが本種。日本では新潟県佐渡島にのみ自生しますが、この数年は確認されず、野生絶滅の心配があります。

(写真:中川清太郎)※開花は未定です(写真:中川清太郎)※開花は未定です


 オテリア・メセンテリウム
インドネシア・スラウェシ島にのみ自生。波状の葉と長く伸びる花茎が特徴。自生環境が特殊なため、日本では栽培が難しく成功例がほとんどありません。筑波実験植物園では、日本で初めて雌花の開花に成功しました。(断続的に開花するため、期間中に開花するかは未定)

オテリア・メセンテリウムの雌花オテリア・メセンテリウムの雌花



 


 ミャンマーでの水草調査から、日本とミャンマーの水草の関係が明らかになってきました。水域を再現した水槽や、調査の様子を紹介します。

ミジンコウキクサ
世界最小の陸上植物であり、世界最小の花を咲かせます。写真中央の個体の真ん中に見えるのが花。植物体は0.8mm程度、花は0.1mm程度。会場では顕微鏡に映る花をご覧いただきます。



 

ワークショップ「自分だけのアクアリウムをつくろう」(2017年の様子)ワークショップ「自分だけのアクアリウムをつくろう」(2017年の様子)

前回の展示会場の様子(2017年)前回の展示会場の様子(2017年)


国立科学博物館:https://www.kahaku.go.jp/
筑波実験植物園:http://www.tbg.kahaku.go.jp/
企画展「水草展〜旅する水草〜」:http://www.tbg.kahaku.go.jp/event/2021/08mizukusa/index.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文化庁 >
  3. 【国立科学博物館 筑波実験植物園】 企画展「水草展 〜旅する水草〜」を開催します