仙台開発センター開設のお知らせ

SBT
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、2016年12月1日、宮城県仙台市に「仙台開発センター」を開設しますのでお知らせします。
SBTは、ICTによる公共支援に注力しており、今後増加が見込まれる東北地方の公共案件や、規模拡大を目指すソフトバンクグループ向けのシステム開発を強化するニアショア開発拠点として、「仙台開発センター」の開設を決定しました。

「仙台開発センター」のある宮城県仙台市は、東京から東北新幹線で約90分(仙台駅まで)というアクセスのしやすさに加え、「学都」と呼ばれ、工学系やIT系など数多くの高等教育機関が集積しており、エンジニアをはじめとした多彩な人材を輩出しています。

 SBTは今後、「仙台開発センター」を積極的に活用し、クラウドサービスを中心としたICTサービス事業のさらなる拡大を目指します。また、付加価値の高いサービスの提供を通じて、お客様のビジネスの発展に貢献してまいります。


仙台開発センターの概要
 

 

オフィス名称 仙台開発センター
住所 〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目4-1 仙台興和ビル13階
交通アクセス 電車でのアクセス
・JR仙台駅 西口より徒歩8分
・JR仙石線 あおば通駅より徒歩4分
・地下鉄東西線 青葉通一番町駅より徒歩1分

車でのアクセス
・仙台国際空港より約30分(仙台南部道路 長町I.C下車)
面積 79.34 ㎡(24坪)
従業員数 4名 (2016年12月1日時点の予定人数)




※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBT >
  3. 仙台開発センター開設のお知らせ