フェイスメイクアップ市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「フェイスメイク市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測 (2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月28日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc988429-face-makeup-market-global-industry-trends-share.html


市場の概要
フェイスメイクアップ市場は、2020年に427億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に約4%のCAGRで成長すると予測されています。
フェイスメイクアップとは、毛穴、ダークスポット、シワ、ソバカス、シミなど、顔の肌の欠点を隠すために使用される化粧品のサブセットを指します。しかし、化粧品を日常的に使用することは、毛穴を塞ぐ原因となる化粧品性ニキビの原因となるため、肌に悪影響を及ぼすと考えられています。そのため、保湿効果、防腐効果、抗菌効果、抗炎症効果のある、ハラル、ナチュラル、オーガニックのフェイスメイクアップ製品の需要が高まっています。

市場の動向及び成長要因
近年、消費者は自分の外見を気にするようになり、本来の美しさを高めたり、特定の特徴を際立たせたりする製品を好むようになっています。これが、世界のフェイスメイクアップ市場全体の成長を後押ししています。
また、世界的にBBクリームやCCクリームの消費が増加していることも、市場の成長を後押しする大きなトレンドとなっています。これらのクリームは多機能であるため、スキンケアに必要な時間と労力を減らすことができます。
ソーシャルメディアの影響や自撮りの流行により、フェイスメイクアップ製品に対する消費者の関心は、特に若年層を中心に高まっています。さらに、メーカーによる絶え間ない製品の革新と、積極的なプロモーションが市場の成長に貢献しています。
特に先進地域では、ハイライトや輪郭を強調する傾向が強まっており、フェイスメイクアップ製品の見通しが明るくなっています。これは、輪郭形成があごや鼻、額などの顔のパーツをスリムにするのに役立つのに対し、ハイライトが肌に健康的な輝きを与えるのに役立つという事実に起因しています。

主要な市場区分
フェイスメイクアップ市場は、製品タイプ、販売チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別
製品タイプ別では、ファンデーション、フェイスパウダー、チーク、コンシーラー、ブロンザー、その他に分類されます。現在のところ、ファンデーションが市場シェアの大半を占めており、最も人気のある製品タイプとなっています。ファンデーションは、肌の仕上がりを均一にすることで、肌を均一に見せる効果があります。

販売チャネル別
世界のフェイスメイクアップ市場は、販売チャネル別に、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、薬局、オンラインストア、その他に分類されます。

地域別
地域別では、ヨーロッパが世界のフェイスメイクアップ市場でトップの地位を占めています。これは、同地域における自然派、ハーブ、およびオーガニックのフェイスメイクアップ製品の需要が高まっているためです。その他の市場としては、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどがあります。

市場の競合状況

世界のフェイスメイクアップ市場は非常に細分化されており、複数の国際的なメーカーや地域のメーカーが存在し、価格や品質の面で競争しています。市場に参入している主な企業は以下の通りです。
L'Oréal
Lvmh モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン
Coty Inc.
花王株式会社
オリフラメ



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988429-face-makeup-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. フェイスメイクアップ市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み