- 洛西口~桂駅間プロジェクト - 「TauT(トート)阪急洛西口」第3期エリアの出店テナントが決定 2021年2月頃に全体開業

阪急電鉄は、京都市と連携しながら開発を進めている「TauT阪急洛西口」において、第3期エリアに出店する5つのテナントを決定しましたので、お知らせします。

2021年2月頃開業予定の第3期エリアでは、「地域の魅力を再発見する、遊びを通じて学ぶ、新たな文化を共に育む」場所となることを目指しています。これを踏まえ、同エリアには、スポーツや音楽・文化活動を通じて新たなコミュニティが生まれるテナントを誘致しました。また、地域の方々の集いの場として、様々なイベントやワークショップにもご利用いただけるオープンスペース「トートひろば」や「コミュニティ花壇」も整備する予定です。
「TauT阪急洛西口」は、『行きたい 住みたい KYOTO洛西口 ~ヒトとヒトをつなぐ エキはマチの縁側(えんがわ)~』をコンセプトに、「訪れたい」「新たに住みたい」「将来にわたって住み続けたい」と思っていただけるエリアを目指してこれまで開発を進めてきましたが、今回の第3期エリアの完成をもって全体開業を迎えます。
今後も「TauT阪急洛西口」が、継続して賑わいのあるエリアとなるよう、地域の方々をはじめとする関係者の皆様と連携を図りながら、様々な活動に取り組んでまいります。

第3期エリアの計画概要や出店テナントなどの詳細は、次のとおりです。
 

【「TauT阪急洛西口」第3期エリアの計画概要について】
■計画地 京都市西京区川島六ノ坪町10-2ほか
■敷地面積 約6,234平方メートル(高架下全体の敷地面積は約11,200平方メートル)
■延床面積 約1,103平方メートル(高架下全体の延床面積は約3,322平方メートル)
■構造・階数 鉄骨造・地上1階
■開業予定 2021年2月頃
■設計・監理 阪急設計コンサルタント株式会社
■施工 株式会社イチケン
■駐車場(コインパーキング) 計43台(予定)※現在9台供用中
駐車場運営会社 株式会社コンセプト

■「トートひろば」について
西山の美しい山並みを望む洛西口の豊かな自然環境に調和するよう、植栽や人工芝、ウッドデッキなどを配置した、ほっと心が和むあたたかな雰囲気の広場を整備します。約90mの高架下に広がる開放的な空間で、歩道との仕切りもなく、誰でも気軽にご利用いただけます。
イベント時には隣接するパーキングエリアの一部を開放し、キッチンカーを配置することも可能です。また、高架下空間のため、天候に左右されずにイベントを開催することができます。
今後、「トートひろば」では、マルシェなどのイベントを予定しています。

■「コミュニティ花壇」について
地域の方々の交流を促進し、集いの場となることを目的に、「TauT阪急洛西口」の北側のエントランスに花壇を設置します。
この「コミュニティ花壇」では、近隣の皆様や地域の学校と共同で植物を育てていくほか、花苗を植え・育てるワークショップなど、人と人とのつながりを生み出すイベントも企画していきます。

参考資料:https://prtimes.jp/a/?f=d5181-20201027-9348.pdf


阪急電鉄 http://www.hankyu.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/9c4437685db2e9fc9b43156c67b1420b9916262f.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪急電鉄株式会社 >
  3. - 洛西口~桂駅間プロジェクト - 「TauT(トート)阪急洛西口」第3期エリアの出店テナントが決定 2021年2月頃に全体開業