【2020年4月から社会保険のオフライン手続き禁止へ】社会保険の電子申請義務化をyoutubeで解説! 人事労務freeeも電子申請に順次対応

freee株式会社(以下、freee)は、2020年4月から適用される「社会保険の電子申請義務化」の背景から大事なポイントについてfreeeのPMM(Product Marketing Manager)オゴモリが解説する動画をfreee公式Youtubeチャンネル(URL:http://bit.ly/36ntBte) にて公開しました。


社会保険の電子申請義務化とは? 手続き方法から抑えておくべきポイントを解説

 

2018年3月厚生労働省より発表された『行政手続きコスト削減のための基本計画』により、社会保険の電子申請義務化が2020年4月1日より適応されます。この動画では電子申請義務化となる対象の手続きや、対象の法人の範囲、電子申請をするメリットなどを詳しく解説します。

人事労務freeeは社会保険の電子申請に対応していきます
人事労務freeeでは既に電子申請に対応している労働保険の年度更新に加え、2020年夏ごろまでに電子申請対応を順次行なっていきます。

まずはcsvによる電子申請対応を進め、2020年秋口に実施されるe-Gov API大幅仕様変更の後、APIでの連携対応も順次開始していく予定です(リリース日未定)。
今後もfreeeが提供するサービスの法改正対応を強化し、人事労務freeeを通じて「誰でも安心して労務管理ができるバックオフィス体制」を実現して参ります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. 【2020年4月から社会保険のオフライン手続き禁止へ】社会保険の電子申請義務化をyoutubeで解説! 人事労務freeeも電子申請に順次対応