古美術ミステリーの傑作、北森鴻の代表的シリーズ〈旗師・冬狐堂〉を徳間文庫より4カ月連続刊行!

株式会社徳間書店 (本社:東京都品川区上大崎 代表取締役社長:小宮 英行)は、北森鴻の『旗師・冬狐堂【一】狐罠』を徳間文庫より、本日11月6日(金)に発売いたしました。


「私は嘘を食って育つ魔性の女」
知られざる骨董業界の闇“目利き殺し”にダークヒロインが挑む



著者の北森鴻氏は2010年に48歳という若さで逝去、今年没後10年の節目の年となります。
北森氏の代表的シリーズである〈旗師・冬狐堂〉は、店舗を持たない骨董商〝旗師〟宇佐見陶子を主人公にした傑作古美術ミステリー。2020年11月に刊行する第1巻『旗師・冬狐堂【一】狐罠』から、全4巻を4カ月連続で徳間文庫にて刊行いたします。

これまで、長編は講談社、短編集は文藝春秋と分かれて刊行されていた作品ですが、初めて一つの版元でシリーズをまとめることが企画の目玉となっております。

文庫化にあたり、カバーを刷新。人気イラストレーターの七原しえさんを起用しました。
1巻の作品解説は、『紅蓮館の殺人』(講談社タイガ)が累計3万部を突破し、いま最注目の若手ミステリー作家・阿津川辰海さんが担当されております。
 
  • 旗師・冬狐堂(とうこどう)シリーズ刊行予定
【一】狐罠(きつねわな)
2020年11月刊行
【二】狐闇(きつねやみ)   
2020年12月刊行予定
【三】緋友禅(ひゆうぜん)   
2021年1月刊行予定
【四】瑠璃の契り(るりのちぎり)
2021年2月刊行予定
 
  • 【第1巻『狐罠』あらすじ】
店舗を持たず、自分の鑑定眼だけを頼りに骨董を商う〝旗師〟宇佐見陶子。彼女が同業の橘薫堂から仕入れた唐様切子紺碧碗は、贋作だった。プロを騙す「目利き殺し」。意趣返しの罠を仕掛けようと復讐に燃えるなか、橘薫堂の外商の女性が殺され、陶子は事件に巻き込まれてしまう――騙し合いと駆け引きの世界を巧みに描いた極上の古美術ミステリーシリーズ、第一弾!
 
  • 【著者について】
北森鴻(きたもり・こう)
1961年山口県生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、95年『狂乱廿四孝』で第6回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。99年『花の下にて春死なむ』で第52回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。骨董や民俗学、料理や酒、明治初期の歴史など、広範な知識を生かし、端正な文章で綴られたミステリーで人気を博す。〈香菜里屋〉、〈旗師・冬狐堂〉、〈蓮丈那智フィールドファイル〉などシリーズ多数。その他の著書に『共犯マジック』『うさぎ幻化行』『暁英 贋説・鹿鳴館』などがある。2010年1月逝去。
 
  • 書誌情報


【タイトル】『旗師・冬狐堂【一】狐罠』
【著者】北森鴻
【発売日】2020年11月6日
【判型、ページ数】文庫判(徳間文庫)、544ページ
【定価】本体810円+税
【ISBN】978-4-19-894596-1
【商品URL】 ​https://www.tokuma.jp/book/b547854.html


 
  • 本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先
【徳間書店 広報窓口】
株式会社C-パブリッシングサービス 広報宣伝部
TEL:03-5403-4320   
pr★c-pub.co.jp (★は@に変換してお送りください)
  1. プレスリリース >
  2. 徳間書店 >
  3. 古美術ミステリーの傑作、北森鴻の代表的シリーズ〈旗師・冬狐堂〉を徳間文庫より4カ月連続刊行!