【cocoloni占い調べ】外出自粛の影響か、占いに寄せられるお悩みに「会えない相手の気持ち」「夫婦や家族関係」が上位に。

ザッパラスグループの株式会社cocoloni(本社:東京都港区、代表取締役社長:小楠裕彦)は、チャット占い『Chapli』(https://chapli.me/)において、全国の10代~50代の男女を対象にアンケート調査を実施いたしました。調査手法はオンラインでのアンケート調査。調査期間は2020年4月6日(月)~2020年4月13日(月)。有効回答数は219名。
当社では、占いに関するコンテンツ企画・制作・運営、オンライン鑑定サービス、アライアンス事業を行っております。占いには、主に対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定という方法がありますが、昨今、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、政府より緊急事態宣言が発令され外出自粛という状況の中で、外出自粛の実施がお悩み相談の方法や内容にどのような変化をもたらしているかのアンケートを、弊社が運営するチャット占い『Chapli』の利用を検討する方を対象に実施いたしました。

【調査概要】
調査手法 :オンラインによるアンケート調査
調査期間 :2020 年 4 月 6 日(月)~ 4 月13 日(月)
調査主体 :チャット占い『Chapli』のウェブサイトにて(非利用者含む)

■トピックス
  1. 占いアプリで悩みを相談する人が60%以上
  2. “いつでもどこでも”リアルタイムでのコミュニケーションを求める傾向
  3. 「会えない相手の気持ち」「夫婦や家族関係」に関するお悩み相談が上位に

■調査結果
1.占いアプリで悩みを相談する人が60%以上
占いといえば、占いの館などでの対面鑑定をイメージされる方が多いと思いますが、緊急事態宣言の発令により外出自粛を余儀なくされている状況の影響もあってか、対面での相談は7%という状況に。その半面、スマートフォンの占いアプリを利用する人が増えているようで、アプリ利用は全体の62%を占める結果に。また、占いアプリでの相談に次いで、ご家族やご友人への相談が27%という結果に。外出自粛の中、ご自宅で過ごす時間が増えたことでご家族とのコミュニケーションが増えているのかもしれません

お悩み相談はどのように相談する事が多いですか?お悩み相談はどのように相談する事が多いですか?


2.“いつでもどこでも”リアルタイムでのコミュニケーションを求める傾向

占いアプリを利用する理由として、“いつでもどこでも”悩み相談ができることを利点としている人が多いようです。悩み相談をする際に、電話だと家族や友人、周りの人に話を聞かれてしまい相談自体がしづらかったり、対面の占いでは、時間や移動距離など様々に拘束される部分があり、自身の仕事や学校といったスケジュールとの調整が必要に。また、現在の外出自粛の影響もあり、自宅では一人になる時間がなかったり、そもそも店舗が休業しているという状況もありそうです。その点、アプリであれば、ちょっとした移動時間や休憩時間などの、隙間時間に利用が可能。テキストでのやり取りで周りに相談内容が知られることもない。といった点でご自身のライフスタイルに合わせやすく、利用しやすいと感じている人が多いのではないでしょうか。

占いアプリを利用する理由は?占いアプリを利用する理由は?


3.「会えない相手の気持ち」「夫婦や家族関係」に関するお悩み相談が上位に
外出自粛の影響もあるためか、好きな人と直接会うことができず今までよりも不安な気持ちを抱えている方が多いのでしょうか、「好きな人の気持ちが知りたい」「お相手との今後を知りたい」という相談内容が半数以上となる結果に。また、「夫婦や子供についてなど、家族のことを相談したい」という相談内容も見受けられ、リモートワークの実施や、学校の休校などでご家族が一緒に過ごす時間が増えたことも、ご家族に関するご相談が出てきていることの要因の一つとして上げられそうです。

お悩み相談の内容は?お悩み相談の内容は?


■アンケート結果に関するまとめ
お悩み相談の方法に関して「占いアプリで相談」と回答した人は62%と半数を超え、その利用理由に関しては「リアルタイムに先生とやりとりができる」と回答した人は32%。
相談の内容に関しては「好きな人の気持ちが知りたい」「お相手との今後を知りたい」と回答した人は、合わせて64%と半数を超える結果となりました。
スマートフォンで手軽に利用可能なアプリでの悩み相談や、会えない相手に関する悩みを抱えたりと、少なからず外出自粛の影響が出ている様な結果が伺えました。
cocoloniは、今後も社会の変化に伴う占い業界の変化も含め、お客様のニーズに関する調査を行ってまいります。


〈 株式会社ココロニについて 〉

ひとりでも多くのひとに「元気になってもらいたい。」そんな想いから生まれた占いサービスブランド「cocoloni(ココロニ)」。
株式会社cocoloniは、「お客様に安心し信頼して使える本物のサービス」を届けるべく、日々真剣に占いサービスと向き合っています。株式会社ザッパラスのグループ会社として、今後もサービス品質基準にとどまらず、すべてのお客様にスムーズに「安心、信頼、本物」の占いブランドとして認知していただけるよう取り組んでいきます。

〈 株式会社ザッパラスについて 〉

モバイルコンテンツ黎明期に占いコンテンツ市場を確立し、その後東証一部上場企業にまで成長。現在、国内のみならず米国でも最大規模の占いメディア「tarot.com」などを運営し、占いコンテンツ市場シェア世界No.1。また、エル・オンライン、エル・ガール、25ans(ヴァンサンカン)オンライン、SPUR.JP、Marisol ONLINEほか、
女性雑誌、Webメディアを中心に占いコンテンツを提供中。
2017年からリアルイベント「占いフェス(https://uranaifes.com/)」の企画運営、動画事業、VR事業「タロットVR(https://www.tyffonium.com/attraction/tarotvr.html)」、AR事業も展開。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社cocoloni(https://www.cocoloni.com
担当:近藤・石原 e-mail : info@cocoloni.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ザッパラス >
  3. 【cocoloni占い調べ】外出自粛の影響か、占いに寄せられるお悩みに「会えない相手の気持ち」「夫婦や家族関係」が上位に。