【FRONTIER】Android 8.1 搭載 7インチ/10.1インチのリーズナブルなタブレット2機種を新発売

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2018年11月21日(水)より、Android 8.1 搭載 7インチ/10.1インチのリーズナブルなタブレット2機種の販売を開始します。

■製品の概要
このたび発売する新製品は、Android 8.1を搭載した、「7インチタブレット」と「10.1インチタブレット」の2機種です。
片手でも操作可能でコンパクトな「7インチタブレット」は持ち運びに便利。また、映像や画像が見やすい「10.1インチタブレット」は、数人でカタログを閲覧するなど営業・プレゼンツールとしても活躍が期待できます。
両機種ともMediaTek製CPU「MT8163」を搭載。省電力性に優れた「Cortex A53」コアを搭載した64-bit対応クアッドコアCPU(SoC)を採用し、いずれもWi-Fi、Bluetooth 4.1、GPSをサポートしています。
価格は、「7インチタブレット」が12,800円(税抜)、「10.1インチタブレット」が15,800円(税抜)とリーズナブルに抑えられています。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( http://www.frontier-direct.jp/ )にて、2018年11月21日(水)より販売を開始します。

▼7インチ/10.1インチ タブレットはこちらから
https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1811210201
 


■製品の特長
<メーカー : ジェネシスホールディングスとは>
オリジナルブランドのタブレット型PC(Android/Windows)・スマートフォン・IoT機器から、カメラや映像機器まで幅広く商品展開を行う企業。
※本製品のサポートはジェネシスが行います。

<MediaTek製MT8163 Cortex-A53 CPUとは>
MT8163は、64ビットクアッドコアARM Cortex-A53 MPCore、3Dグラフィックス(OpenGL ES 3.1)を採用し高度に統合されたSOCです。MT8163は、PCのようなブラウザ、3Dゲーム、およびシネマクラスのホームエンターテインメント体験を備えた高性能のメディアタブレットを構築するのに役立ちます。

<高精細ディスプレイ>
いずれもIPS方式の液晶パネルを搭載。明るく鮮やかな色表示を実現します。
・  7インチ IPS液晶モニター:画面解像度(1,024×600)
・  10.1インチ IPS液晶モニター:画面解像度(800×1,280)

<無線LAN/Bluetooth対応 HDMI出力対応>
無線LANによるインターネット通信に対応、さらにBluetoothでマウスやキーボードなどの外部機器を接続して使用することも可能です。


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地   : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立            : 昭和26年12月14日
■資本金         : 1億2245万円
■代表者         : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容         : 自社製パーソナル・コンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品         : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インバースネット株式会社 >
  3. 【FRONTIER】Android 8.1 搭載 7インチ/10.1インチのリーズナブルなタブレット2機種を新発売